アーシングパッチ+ピップエレキバンの威力

ヨガを教えてくれた恩師PTが転勤で去ったのちは、近所のママ友インストラクターから少人数グループでヨガを習っている私。このヨガクラスはご近所同世代を対象にもう10年以上続いていて、実はかつては私もメンバーだったのだが、長らくのご無沙汰を経てまたこの度再開させていただいているもの。この機会に昔のママ友ご近所仲間がヨガを通じて再会出来ている現状が嬉しくて、ヨガクラスの前に我が家で鍋ランチ、久しぶりに色々お喋りしたけど、みんな基本的には変わってないわねー笑

 

その後、場所をコミュニティセンター和室に移してヨガレッスンとなったのだが、この日のテーマはよりによって「筋力アップヨガ」。下肢の筋力を鍛えるためのポーズが多く、午前中からランチ準備や掃除やらで既に足腰お疲れ気味の私には全体的にキツイ。いや、それでなくてもみんなの中で、私だけが変形性股関節症なんだからさ!泣

 

なんとか最後までやり終えたが、帰宅する頃にはクタクタに。特に下半身筋疲労がヤバい。明日は朝からコストコで、帰宅後、夜は急に手術してまだ入院してる同級生のお見舞いに行く予定になっていて、おまけに両方とも場所が家から遠い(涙)

 

これは久しぶりにピンチである!

 

 

とりあえず、まずはお風呂に入って身体を温め、それから頼みのアーシングパッチを、もう思い切って6個、すべて右お尻と右下肢に貼りまくる。パッチ用2分岐コードは、今一本は実は夫が毎晩使っているのだが、この時は夫の分も強奪する(案の定すぐに強いクレームが笑)。ま、それでも2分岐コード✖3本=3本のアーシングコードが身体から出ている状態にはなるんだけど(^^;この際見た目のことなど気にしていられません。

 

 

筋肉疲労もこのぐらい本格的な感じになると、アーシングパッチも1時間やそこらで効くとかじゃない。だけどとりあえずそのまま、お風呂タイム以外は貼り続ける。

 

 

夜も、右お尻から右下肢に、合計六個つけて寝る。

 

翌朝

お!

かなりマシになってる!(感涙)

 

が、さすがに完全回復までは行ってないと感じられる上、本日朝から晩まで出突っ張りでアーシングパッチを貼れない。(てか、パッチは貼れても接地が出来ない)

 

で、次なる対策として

 

久しぶり(三年ぶり?)にピップエレキバン190ミリステラ を取り出して、右お尻&右下肢にパッチと同じ六個ぐらいを貼りまくった上で、コストコ行く時のいつもの集合場所へGo

 

結果

 

大丈夫、終日それほどの痛みもなく、合計なんと11.000歩、

 

乗り切れましたー!\( ˆoˆ )/

 

最近アーシングパッチの威力にばかり頼りきっていた私でしたが、今回ピップエレキバンの効果も改めて見直す、良い機会になりました。

以前は190ミリステラが最大でしたが、今は200に代わり、190は廃盤になってるようです。なにせ、ずっと使えるので、古いのでも大丈夫。永久磁石です。

 

変形性股関節症プロフィール(3)きらら体操教室

それから先は試行錯誤の連続でした。

 

近所の整形外科に三度目の受診をし、そこで別のPTさんについてリハビリを再開したものの、それも結局2回ぐらい筋トレのやり方を教えて貰っただけで終了となる。そうそう 、2回目の時は杖の選び方と杖のつき方の指導があって、その流れで花柄の折り畳み式杖を購入したのもこの頃でした。この頃は20分連続しての歩行がもはや困難になっていて、友達とのランチの計画もいちいち気が重かったな。前みたいにみんなと同じように歩けないから、浅草から合羽橋まで足を延ばす計画に同意出来ない。配慮して貰わないと無理なくせに、配慮されるとそれはそれで申し訳なくて(泣)。

 

一番落ち込んだのは、ネットで見つけたとある股関節治療機関(自由診療)を受診し、大丈夫治ります!と言われ半年頑張ったけど私にはどうやら成果がなさそうだ、と分かった時。次の一手が浮かばず、ホントにどうして良いか分からなくなり、半泣きで闘病情報ネットサーフィンする日々の中、股関節患者を対象のきらら体操教室を知り、急だったが主催者の方にメールして活動に参加させていただきました。

 

きららは、ご自身も変形性股関節症患者であられる元舞踏家の彦坂惠子先生とその盟脚友様が、人工関節手術、未手術にかかわらず、同じように闘病している股関節症患者のために定期的に体操教室や講演会などを行ってくださっている団体。ネットを介してしか知らない集まりに急に参加するのには正直不安もありましたが、実際行ってみると同病者同士が笑顔で集って共に身体を動かし、その後ランチで様々な情報交換ができる会の雰囲気はとても良かった。お蔭様で私も、その後自分なりの股関節との付き合い方を模索して行く心のベースをここで得られた気がしています。

 

そもそも股関節症の治療に絶対の正解はない。人によって日によって状態も違う。その日その時の状況に応じて治療アイテムを選択するのは常に自分自身で、それは孤独と言えば孤独な奮闘になるのだけれど、そうやって頑張っているのは自分だけじゃない!そう思えることが何より力になった。脚友さんたちと股関節症アルアルと言えるような逸話を披露しあい、大笑い出来る時間は命の洗濯でした。

⇒ 変形性股関節症プロフィール(4)整体師さんとの出会い

変形性股関節症プロフィール(2)いきなり末期?

大病院の股関節外来に行き着く前に、確か最初の整形外科に再受診はして、その時には一応、変形性股関節症の病名はいただいたと思う。まあでもおそらくその時点ではまだ初期だったのでしょう。本人全く重病感はなかったし、リハビリをやりましょうと言われ、PTさんから合計二回ぐらいマンツーマン指導があったのち、その受診はあっけなく終了になりました。指導は筋トレメニューが中心でしたが、以上を家でやってください、と言われるだけで、継続的に通うようなリハビリメニューではなかった。結局筋トレならジムでも出来る?と当時はまだコトの重大さを全く分かっていなかった私は、通い慣れた体育館のジムのマシンで相変わらず脚の筋トレも続けたりしていました。

 

大病院の股関節外来受診は、ちょうどその頃人工股関節置換手術をそこで受けたばかりの友人がバイト先にいて、彼女に強く勧められたからでした。「あなたの症状は私と全く同じ!でも手術すれば楽になるから」と強く背中を押され、とりあえず受診することに。ただ、彼女は手術前には既に24時間、寝ても起きても痛みがあったと言っていたけれど、私はまだそこまでではなかったので、まあ折角熱心に勧めてくれるから一応念のためねー、というぐらいの、軽い気持ちでの受診。

 

で、そこで、自分の股関節も既に人工股関節置換適応ステージなんだということが判明し

 

だからまあ結果としてはこの受診は大正解だった。私はその期に及んでようやく、この股関節、自分で積極的にどうにかしないと大変だ!という気持ちになったのでした。

 

⇒ 変形性股関節症プロフィール(3)きらら体操教室

 

変形性股関節症プロフィール(1)痛くてもエアロビ

この辺で軽く病歴の自己紹介を。

私は変形性股関節症患者、某大病院の股関節専門外来で担当医師にレントゲン画像を見るなり

「これは末期ですねー。人工股関節置換種手術する決意が固まったらいつでも来てください。」

と言われて既に三年余の中年主婦(時々アルバイト)です。

 

そもそも健康に関しては、若い頃から過信がありました。

 

股関節、多分10年ほど前からごくたまに激痛を感じることがあったものの、整形外科受診は一度だけ。そこで一回大丈夫と言われたら、次に痛みが出たときにはもはや身体の声は聞かず、親の家の片付けでひとり祖母の箪笥を動かしたり、脚痛いなと思いながら父の本箱を二階に上げたりもしていました。

 

運動音痴なのに身体を動かすのが大好きな性格も災いしてその頃ちょうどエアロビクスにもハマってしまい、週何回か体育館のエアロビクラスに通ったりもしていた。下手でも気にせず音楽に合わせて身体動かすのはすごく楽しかった。運痴な私が、見た目のぶざまさを気にしないで踊れるのは、若い頃と違う、おばさんになった特権とも思い、その特権を思う存分享受していました。

 

 

⇒ 変形性股関節症的プロフィール(2)いきなり末期?

 

 

レジャーの後にもアーシング

家族レジャーも兼ね、昼前から夕方まで家族全員 郊外のアウトレットで休日を過ごした。

 

お腹空いたらLINEで連絡しあって集合し、昼ご飯と夕ご飯は全員でわいわいとテーブルを囲む。あとは基本的に別行動にし、それぞれ好きなように歩き廻るのが我が家流。

 

買い物に夢中で股関節のこと忘れていると、途中から少しずつ痛みのSOSが出で来て後半は、ひとり椅子での休憩を入れながら何とか乗り切りその日の合計は9000歩。

 

帰宅後股関節由来の筋疲労っぽい鈍痛が右脚にかなり残っていたので、このところ毎晩楽しんでいるアーシング風呂のあと、久しぶりに脚のメンテナンスもちょこっとやってみた。

 

まずは①官足法式足踏みを適当にやって足底部をほぐしてから→②ローラーで下から上にマッサージ→③ほぐしテトラで深部筋をやっぱり下から上にマッサージ、トータル20分ぐらいで終了。やっぱマッサージすると気持ち良いな♪

 

それからいつものアーシングパッチを、左右梨状筋上と、この時点で少し痛みがあった右大腿筋横に1箇所、合計三箇所に貼った上で、いつものようにアーシングシーツを敷いてあるベットにもぐりこみ‥‥

おやすみなさい。

朝までぐっすり。

 

そしてやっぱり

翌朝には痛みが取れてる!

 

アーシングの効果は色々あるようですが、変形性股関節症患者として私が一番感動しているのは、何と言ってもこの痛みの緩和作用、炎症回復をサポートする力なのです。

ヨガの後はアーシングで筋肉ケア

ヨガを教えてくれた恩師が転勤されたので今はクリニックの別のPT先生から理学療法的ご指導を受けている私。

ヨガはその後ママ友インストラクターによるグループ指導に移行しているが、地道に毎日やってるうちに少しずつ体幹が出来て来てチャンレンジ出来るポーズも増えているので、その日思い切って今の先生に最近始めた幾つかのポーズの中から気になるものを見ていただき、アドバイスをいただくことにした。

 

ランジのポーズ:
屈曲させた患脚股関節に荷重がかかるから危険。これは止めた方が良いです。

 

腰かけねじりのポーズ:
悪い方の脚については、身体が代償的な動きをして無意識に屈曲の角度を調整してるから、この状態でならやっても大丈夫。

赤ちゃんのポーズ;
同じ股関節屈曲でも荷重がかからないから関節負担は小さい。やっても大丈夫。

 

などなど。他にも気になる数ポーズのチェック。やっぱ専門家のご意見は聞いてみるもんです。

 でも言いたいのはここじゃないの。

 

クリニックに着いてからセッション前にホットパックで股関節周りを温めてもらっただけで、そもそもが苦手な屈曲やねじりのポーズを最初からやったものだから終わって久々に股関節周囲が痛い。(ヨガアーサナには順番も重要なんでした~~涙)

 

帰宅してすぐにアーシングパッチをつけ、夜はアーシング風呂に入り、アーシングシーツを敷いたベッドにもぐりこみ、いつものように左右のお尻にアーシングパッチを、この日は多めに 合計4個つけて寝た。

 

夜中に久しぶりに脚の付け根がズキズキ傷んで目が覚める。

 

あら、これは本格的にやばいと思い

パッチのうちひとつを脚の付け根に付け替え、股間節謝って、また寝る。

 

で、翌朝。

 

あら?

 

もう痛くない!

 

この日も普通に朝ヨガ出来ました。

 

そーなんです!

アーシング、

特にアーシングパッチ+アーシングシーツのダブル効果+快眠=この回復力は私には抜群。

 

私のヨガライフは今、

アーシングによる人体メンテナンスパワーに

こ~んな感じで支えられているんです