ごめんねアーシングマット

室内では相変わらずのアーシング人生を謳歌している変形性股関節症の私。

最近アーシングの抗炎症効果についての論文を和訳してサイトに載せても良いという許可が論文の版元から下り、ここ数日間その和訳をやってた関係もあって「アーシング=抗炎症」が今まで以上に脳内でガッツリ不動のものになりつつあります^^; “ごめんねアーシングマット” の続きを読む

助け合う筋肉

整形外科クリニックでPT先生の変形性股関節症・歩容改善リハビリセッションを受け始めて早2か月。

歩く⇒痛みの場所を報告⇒徒手⇒歩く⇒痛みの場所を報告⇒徒手⇒歩く⇒

を繰り返す中で、その日のセッションが終わる頃には痛みが無くなるという新たな世界です。 “助け合う筋肉” の続きを読む

下肢静脈瘤にもアーシングヨガ?

数日前、新聞広告に下肢静脈瘤の治療専門のクリニックからのが入って来て、そういえば・・と思い出したのが、左足にあった2か所の静脈瘤のこと。

そもそも存在自体に気づいておらず、7月に庭アーシングを始めて裸足になることが多くなった際に、あら?こんなところにこんなものが?と、初めて気づいたのでした。 “下肢静脈瘤にもアーシングヨガ?” の続きを読む

アーシング庭仕事

今日は久しぶりに暖かくて

絶好の大掃除日和\(^^)/

 

って子供たちが小さい頃、確か今日はクリスマスだったわね(遠い目)

 

さて、大掃除と言えば、庭!(←?)
庭といえばアーシング(^-^)v

 

というわけで、ものすごーく久しぶりに庭で裸足になってアーシング草取りした。 “アーシング庭仕事” の続きを読む

変形性股関節症プロフィール(8)賢者のポーズ

昨日恩師PTの「出来るんじゃないですか」でプロフィールを終えたつもりの私でしたが、今朝いつもの朝ヨガの最中に、ヨガの神様から「プロフィール、まだ終わってないだろ~」と天の声が降りて来ました。で、よく考えたらそうでした。まだ終わっていないどころかもしかしたら、これから書くことの方がメインかも知れません(^^; それに気づいたので謹んで追記させていただきます。 “変形性股関節症プロフィール(8)賢者のポーズ” の続きを読む

変形性股関節症プロフィール(7)出来るんじゃないですか?

その頃私は、おそらくそれまでの経験から、整形外科と理学療法士さんには多くを期待してはいけない、という心のありようがデフォルトになっていて、その時も『姿勢の教科書』の中の骨盤前傾修正エクササイズを自分で行うのに医学的なアドバイスをいただければ嬉しいぐらいの気持ちでクリニックの予約を取ったように思う。 “変形性股関節症プロフィール(7)出来るんじゃないですか?” の続きを読む

変形性股関節症プロフィール(6)姿勢の教科書

グリッドフォームローラーとの出会いのお蔭で、‌日々の股関節周辺筋ケアのレベルが格段に上がった私は、整体師Nさんのところへ通わなければならない頻度も減って行った。一方その頃世間では、竹井仁先生の筋膜リリースが流行していて、たまたまテレビで紹介された竹井先生の肩こり解消・筋膜リリース体操を私は時々やっていた。整体師Nさんも筋膜リリースには賛成で、Nさんの施術時に、正しい竹井体操が出来ているかチェックしていただいたこともある。 “変形性股関節症プロフィール(6)姿勢の教科書” の続きを読む

「炎症反応を抑えるために、アーシングを取り入れよう!」

アーシングは手軽な健康法として少しずつ認知されつつあるようですが、私は自分自身の実感から、単なる健康法から一歩進んで、アーシングの抗炎症効果や痛みの軽減効果の方に注目しています。 “「炎症反応を抑えるために、アーシングを取り入れよう!」” の続きを読む

変形性股関節症プロフィール(5)太極拳

整体師Nさんのところには結局1年以上はお世話になりました。

 

転機になったのは、グリットフォームローラーとの出会いでした。

 

きらら体操教室のお仲間からの紹介でその存在を知って早速購入し、使ってみてびっくり。それまでテニスボールやらっこちゃんやポケットフィジオではカバー仕切れなかった広範囲の股関節周辺筋が、これを使うことによって自重により深部筋まで無理なくケア出来ることがすぐにわかりました。 “変形性股関節症プロフィール(5)太極拳” の続きを読む

変形性股関節症プロフィール(4)整体師さんとの出会い

きらら体操教室で、他の患者さんがそれぞれに試行錯誤を繰り返しながらご自分なりの方法で変形性股関節症と向き合っておられるご様子を知り、私も自分なりの方法を模索する旅が始まりました。

 

その旅の最初にお世話になったのが、整体師Nさんでした。Nさんは夫の紹介だったのですが、夫はその頃既にNさんの精力的な施術によって長年の肩こりから解放されつつありました。 “変形性股関節症プロフィール(4)整体師さんとの出会い” の続きを読む