変形性股関節症 理学療法的インソール経過報告6

今日はインソール経過報告です。

 

 

軽やかな歩行を真っ先に実現したピカ黒、跛行の関係でPT先生に診ていただいてから履く方が良いかと迷う新・勝負靴《茶》、冠婚葬祭用としての水準を早々にクリアしてあとは出番を待つばかりのヒールありの黒、という今秋ラインナップの中、今集中的に経過を見ているのが新・勝負靴《黒》でございます。 “変形性股関節症 理学療法的インソール経過報告6” の続きを読む

アーシングソックスを5本指で履くための改造計画1

もっと正確に言うと、アーシングソックスを5本指で履くために、まずは2本指アーシングソックスに改造してみるのはどうでしょうという試みなんですが(;^_^A

 

早朝庭アーシングを日課にしている私が初めて迎える本格的な冬。去年は早々に室内アーシングに切り替えていたものの、今年は4月末からほとんど毎日欠かすことなく朝の庭に出て股関節リハビリからのヨガメニューを行っているという習慣上、どうせやるなら出来る限り庭でアーシング生活を続けたいと今年は切望。 “アーシングソックスを5本指で履くための改造計画1” の続きを読む

臀筋痛と仙腸関節とインソール経過報告5

登山用タイツ庭アーシング用に購入し、早速試してみましたが、予想以上の暖かさにうっとりする私(#^.^#) これ、もう少し寒くなったら今度は登山用シャツも投入することで意外に通年庭アーシング出来るんじゃないかな?と思い始める。 “臀筋痛と仙腸関節とインソール経過報告5” の続きを読む

《冬期》庭アーシング 防寒対策1 

秋も深まる中、相変わらず続いている庭アーシングな日々ですが、今週はとうとう最低気温8度台の日があってそうなるともうヒートテック的な重ね着とアーシングソックス&グローブだけでは対処しきれない寒さであることが判明。取り急ぎ、まずは家にあった湯たんぽ↑を取り出して来て足指ワークの時とかにワークしてない方の足を乗せるという試みをトライ。2日ほどやって、ないよりはずっとマシだったがそれだけではまだ根本的解決ではないと悟る(;^ω^) “《冬期》庭アーシング 防寒対策1 ” の続きを読む

臀筋が痛い!

今週は最低気温が下がります!という予報だったので、出勤前の庭アーシングもいよいよしもやけ覚悟か?と恐れておりましたが、意外と暖かくて今朝などまだそよ風が裸足に気持ち良いレベル(;’∀’)  “臀筋が痛い!” の続きを読む

11月の庭アーシング対策とラクナール・エクササイズ物語1

先週で10月は終わって11月が始まり、その間、旅行に行って紅葉の渓谷を歩いたり、PT先生との今のクリニックでのセッションが最終回を迎えたり、それ以外はお仕事に行ったり…と多忙な日々を過ごしてまいりましたが、朝の庭アーシングはずっと続けております。(あ、旅行の時以外ね(‘ω’)ノ) “11月の庭アーシング対策とラクナール・エクササイズ物語1” の続きを読む

変形性股関節症 理学療法的インソール経過報告4

昨日の公園&‎街歩き8583歩(3時間)からの帰宅後は、右脚外側と膝下(前も後ろも横も)梨状筋を中心にに久しぶりに痛み指数が3まで行ったのでどうなることかと心配しましたが、帰宅後グッズを使ったセルフケアの後アーシングパッチを8個つけ、夜も久しぶりにパッチ8個体制で寝たところ、朝には痛みは治まっていました。 “変形性股関節症 理学療法的インソール経過報告4” の続きを読む

変形性股関節症 理学療法的インソール経過報告3

日曜日から昨日まで、忙しすぎて股関節ケアをする時間がなく、昨日はリハビリの時「今日夜は梨状筋ケア出来ますから(*^^)v」とPT先生に豪語しておきながら夕飯後睡魔に勝てず即寝→またまた一切のケアなし(;’∀’)。日曜日のウォーキングの筋肉痛が今ごろ出て来たのか今朝はいよいよ朝起きた段階で既に両梨状筋が痛いというピンチ状態での休日です。 “変形性股関節症 理学療法的インソール経過報告3” の続きを読む

変形性股関節症 理学療法的インソール経過報告2

庭アーシングは特に早朝だとそろそろ様々な防寒的衣類も駆使しつつ(^^;出勤前になんとか1時間続けております。

 

さらに今週からは、新処方でインソールを作っていただいた靴数足の試し履き及び、旧処方で作っていただいたインソールの修正版を入れた靴数足の試し履きを、PT先生がクリニックにおられるあと数日で出来る限りやりたいと思う余り、職場への往復も自転車をやめて徒歩通勤に。 “変形性股関節症 理学療法的インソール経過報告2” の続きを読む

ニュートラルであるために

☆ 昨日のPT先生とのリハビリセッションで「(座位で行う)ハムストリング促通ワークの前に、梨状筋の促通ワークをやった方がベターな理由は?」という質問をさせていただいたところ、先生からいただいた答えは

 

梨状筋が硬いと骨盤の前後傾の位置関係が変わって来る。ハムストリングの起始部は座骨結節についているため、そうなるとその位置関係も影響を受ける。それらの位置関係をなるべく修正し、あるべき姿に整えてからハムストリング促通を入れる方が入り易いため

 

とのことで、その説明には勿論深く納得したのだけれど、 “ニュートラルであるために” の続きを読む