台風一過の庭アーシングヨガ

台風一過の今日は休みで予定もなかったので、いつもより少しゆっくり起きて時間制限なく庭アーシングヨガした。昨日電車の中で久しぶりに読んだ「ヨーガ本質と実践」というの最初に、ヨガにおけるリラクゼーションの大切さについてかなり多く書かれてあったこともあり、いつもの基本セッションの間にシャバアーサナ(死体のポーズ)を好きなだけ入れてやってみた。庭の芝生の上でヨガしたり瞑想したりゴロゴロしたり(?)芝の草取りしたりしながら結局朝8時から10時半まで芝生に居た。最後のシャバアーサナでは身体感覚が無くなって、庭は宇宙だし、身体も宇宙だと感じられたひととき。至福の時間。

 

週5日9時~5時勤務をすることになった時、最初は何とか時間をひねり出し、帰宅後に週何回かでもアーシングヨガする時間を持ちたいと思ったけれど、おそらく超タイトな生活になるだろうと、それは今考えると悲壮感が伴うド根性の決意だった。それがたまたまその時NHKでやっていた「探検バクモン『突入!ヨガの世界』」という番組を見た後で、全然違う解決策が降りて来た。

 

仕事の合間にヨガをする時間を探すのではなく

毎朝早起きして仕事より先にヨガをしよう!

と。

だって今の私には、仕事よりもヨガが大事だから(^^;。

 

そのことに気づいて、優先順位通りの生活を決めたら急に気持ちがすっきり。

 

で、実際やってみたらあーら不思議。それは全然可能なことだっただけでなく、アーシング朝ヨガで身体と心を整えてからの出勤する方が、そうでない時よりも仕事の集中力が増すことも歴然と分かって来たのだった。まあ早起きするから午後ちょっと眠くなるけど、それは売店までコーヒー買いに行って乗り切る(^^)v 歩くのも大事よ。

 

PT先生との第2期リハビリセッションの最終回では「エピローグの秘密」はセッション後に明かすつもりだったのに、何故かPT先生の方からその日に限ってヨガとか恩師PTの話をやたらと振って来られるあたり相変わらずの予知能力すごいなとまた密かに脱帽した笑 そしてPT先生も、実は前の病院から今のクリニックに移られるきっかけはヨガやピラティスに対する興味だったというお話も伺い、それを最終回に伺ったことは、第2期セッションのエピローグの最後の一文として是非太字で加えないといけないと、後から思ったりした。

 

「ヨギーニMさんはどこを目指しているんですか?」

 

その日頭立ちのポーズの話の後でPT先生から聞かれ、その時はとっさに答えられず、そんなこと自分でも考えたことなかったと言ったのだけれど、考えたことないのではなく、既に無意識の領域になったいるだけだと後から気づいた。

 

ヨガは希望です。

 

恩師PTのそのまた恩師の言葉は、言葉なのに私にとっては既に壮大な治癒力を持ったギフトだった。ヨガは単なるスポーツではなく、よりその人らしい人生を送るための太古の知恵なのだ。ヨガで大事なのは過去でもなく未来でもなく「今」であり、常に今に集中しながら精進するのみなので「目指している」という未来的な感覚を意識しにくいのだけれど、日々希望を持ってヨガ道を行くこと。それが多分、今の私にとって一番心地良い、一番理想的な生活なのでした。(今日シャバアーサナしながら、何故か恩師PTと喧嘩したこと思い出していました(^^;。治療者と患者でありながら結構な頻度で喧嘩にもなったのは、恩師PTが何も分かっていない当時の私に対し、果てしない慈悲の心で最大限にエナジー投入してくれていたことの結果であり、その出会いがなければ私は決して今ここに来られていなかった。今朝は台風一過の青空に向かい久しぶりに恩師に感謝の気持ちを送ってみました。‥‥届くかな?)

骨盤の鍵

変形性股関節症治療エクササイズとして、ホールド&リラックスという新メニューをPT先生よりご提示いただいてからまだ2週間程度。簡便にして効果的なそのワークは、たった2週間でも既に超大物ぶりを予想させる存在感ヤバイです。今後数ヶ月間PT先生とのセッションを通じ、エクササイズ実行⇒検証のプロセスを丁寧に繰り返しながら、ワークへの理解を深め、本当に自分のものにして行くこと。その学びの過程がとても楽しみです。

さて

今期のセッション初回時にPT先生から指摘されたのは、歩行時において私の右仙腸関節に適切なロックがされていない、ということでした。ロックされないから歩行で右脚が後方に伸展した時に、本来前面に向いていなければならない骨盤が、脚につられて横に流れてしまうと。歩様については自分ではあまり自覚がなく、へえ、そうなのかぁ~と思う程度でしたが、朝ワークで股関節ファシリテーション前にホールド&リラックスワークを入れるようになって、

骨盤の鍵の具合がおかしい

ことが自分ではっきりと分かるようになりました。

 

ホールド&リラックスワークでは、まず仰向けの姿勢で右脚を上げ、お尻から腰にかけての筋肉に入れるチカラと、屈曲させた太腿を伸展側に押そうとする筋肉のチカラを拮抗させるのですが、右に関しては、特に初回は毎回、まず最初の問題は、腰が反り気味で地面にぴったりつかない。それ以上の問題として、腹筋にはすぐに力が入るのですが、次の段階で「いや、腹筋だけじゃなくて腰もだよ」と頭で思い出すので次には腰に力を入れようとする(←2段階(^^;)。すると次には

腰に力を入れるのはどうやるんだっけ?

と毎回思ってしまう。やり方を忘れているんです!!驚

 

今、ホールド&リラックスワークを、私は5秒間ホールド+数秒間リラックスを1回として、3回を1セットで行っているのですが、2回目、3回目と回が進むにつれ、腰に力を入れるやり方を少しずつ思い出し、3回目には1回目よりは毎回一応腰に力が入るようになっているというようなところがあります。

 

右をやってから左も一応サラっと行っているのですが、左をやることで右がおかしいことが改めて良く分かります。なぜならば左の腰は最初から反り腰ではなくきちんと地面に着いているし、左に関してはワークの最初からお腹と腰の両方の筋肉に同時に力を入れることが何の苦も無く出来るのですから。

 

希望的な予測ですが、ホールド&リラックスワークは私にとってはもしかしたら、守りのメンテナンスワークであるだけでなく、右骨盤の鍵の不具合の原因である仙腸関節とその周辺筋に日々刺激を加えてカツを入れることで、現状寝ぼけていて適切に働けていない≪骨盤の鍵≫を起こして少しずつ戦力に変えて行く効果が期待出来るのではないでしょうか。そう思いついて今は毎朝、動きの悪い右骨盤の鍵に対して「おはよう♪」と声掛けしながらワークをしています。

 

というわけで、日常生活にこまめなホールド&リラックスワークを入れて行くことで少しずつ状況改善の兆しが見られるようになって来たここ数日の私の右脚でしたが、この週末はなんと、一気にハイキングに行ってしまいました^^;。高校の同級生と3人で大人の遠足、昨年雨だったので今年は一年後、満を持してのリベンジイベントです。PT先生のご指示通りノルディックポール持参は大正解。この上なく爽やかな気候の中、山と海、両方を自分の足で堪能した時間は、まさに命の洗濯になりました。

 

 

ところで、ハイキングのような外出イベントにおいては、このところの痛み対策のNO.1切り札・ホールド&リラックスワークをするのが仰向けになるところかしてまず難しいため、外出時に痛みが出た時に備えて仰向けにならなくても出来るバージョンをPT先生にお願いしたところ、即座に考案して下さった次なる大発明

椅子ホールド&リラックスワーク

を今回移動の車中や、休憩箇所で痛みや違和感が出るたびに行いました。回数は行き帰りの電車内も含め、トータル20回以上になったと思います。

 

 

検証結果のご報告としてはまず、ホールド&リラックスワークは椅子バージョンでも十分に即効性がありました。先生がおっしゃる通り、なるべく良い状態で歩ける時間を長くする、というメインコンセプトが功を奏し、ハイキングですから勿論疲れはしましたが、痛くなり過ぎる前のこまめなケアのお蔭で「回復限度を超えた股関節痛の悪化」を防ぐことが出来ました。小さな悪化をその都度防ぐこまめな努力が、シンプルだけど最強な痛みの防御法なのだということを、今回改めて実感し、そのための方策として、椅子ホールド&リラックスは、簡便にして超効果的な方法でした。

 

その証拠に、アップダウンのあるハイキングコース2か所を含めた昨日の歩数を発表します。(今日は何故かズッキーニを干してますが笑)↓

 

昨夜23時を過ぎて帰宅、今朝はさすがにメチャ疲れていて若干痛みもありましたが、その後普通にアーシング(庭)ファシリテーション⇒アーシング(庭)ヨガして復活。その後は用心のためずっとアーシングパッチ6か所張りまくりですが、奇跡的に今、痛みの指数1以下ですよ~~。

PT先生のお蔭です。短期間で偉大なる発明の数々、ホントにありがとうございましたm(__)m

変形性股関節症レントゲン画像

バイト、家事、ブログの更新に加えて先週末にはイベントもあったりして時間的タイト感満載の中リハビリに行くと、その日は2週に一度の医師の診察日。初診の時にはまだなかった前の病院で撮ったレントゲン画像が届いていて直近のものと比較してみると、医師いわく

 

「これは前の方がずっとマシだったね~」

 

確かに前の病院での2度のレントゲン画像と比較して、特に1年前の画像が初診時の1年半前よりも少しリカバリーが見えているのに対し、今回の画像は初診時と比較しても軟骨の隙間がかなり退行しているのが分かった。

ガーン

なんか、急に痛みが。(;’∀’)

 

当時と比較すると日常的に運動(ヨガ)を行っている分、身体の動きは軽くなっているし、まあそりゃ走ったり長距離歩いたりは出来ないけれど、日常生活で脚の痛みのために大きな制限がある、というような生活ではない。今の整形外科(同じ整形外科が分院を増やしているので今回はその傘下での移動)に来る前というのは、整体師さんによって何とか維持されていた状態で、股関節症の管理に主体性が持てなかったが、今は自分の状況を自分で理解しコントロール出来る度合いは当時より格段に上がっている。

 

まあでも、厳密に股関節そのものの状況はどうなのだろう?

 

ホールド&リリースによって股関節の軸が安定することを実感として理解出来た私は、裏を返せば股関節の軸が安定しないことが多いということ。特に最近は、特に今このメカニズムに気づいたばかりのせいかも知れないが(^◇^;)何かの拍子にギクっと変に脚を着いて痛い思いをすることが多い気がする。

 

今回のPT先生の治療の際も結局、歩行→痛みの箇所報告→徒手治療→歩行→痛みの報告→徒手治療→歩行という一連の流れを何回か繰り返した後も、歩行の方向を転換する捻りの場面での接地の際に右股関節にギクっという痛みが走るのを最後まで払拭出来なかった。

 

股関節のペキペキ音については、また近日中に別に書くつもりだが、PT先生の昨日のお話では今回の歩行方向転換時の痛みは、股関節がペキペキ言う時に感じる痺れのような痛みと同じ原因なのではということだった。

 

これについてPT先生はもっと専門用語満載で解説されたがそれを聞いた私の理解としては要するに、関節には関節が適切に役割を果たすために納まるべき場所があるのだけれど、私の股関節がペキペキ言う場合というのは、これが出来ていない時。そしてこれが出来ない原因は、もちろん股関節軟骨がほとんどないのだから(^^)vと言ってしまえばそうなのかもだけど、その時々の直接の原因は案外周辺筋肉の硬さのだったりする。その証拠に、PT先生にピンポイントで筋リリースをしていただくことでペキペキ音は消える場合があることが今期のセッションでまず分かったことだった。

 

「では例えば今日の、歩行の方向転換時の痛みを改善するためにはどうしたら良いのでしょう?」

 

今のリハビリメニューで良いと思う。ホールド&リリースでこまめに筋肉の状態を改善し、良い状態で歩ける時間を長くして行くことで変化があるはずとPT先生。

 

そうだよね、やっぱりまずは守備のメンテナンス

それで状態が維持された上で初めて攻めのワーク

その順番は変形性股関節症の保存療法の永遠にして繊細な課題なのだ。

 

最近の私は限られた時間の中でもアーシングヨガの気持ち良さに圧倒されるあまり、股関節のための地道なメンテナンスケアをおろそかにしていたと自分でも思う。守りのメンテがちゃんと出来ていない状態では攻めに行かれない。PT先生について2期目のリハビリをちゃんとやる!と自分で決めてスタートしたことなのだから、限られた時間の中で、優先順位を考えなればならないと改めて思った。

 

夕方アーシングしながらシャバアーサナで月を見上げるのは気持ちが良い素晴らしい時間だが、そのことをグリッドフォームローラーアーシングパッチでのケアが「出来ない理由」にするのはもうやめる。パチンコ玉を取る努力はPT先生任せではなく、日々自分でもしなければならない。当たり前のことだ。

 

直近の、軟骨のないレントゲン画像を見ながら最後に医師に尋ねてみた。

 

「これぐらいだと、やっぱり手術でしょうかね?」

 

「この画像で痛いと言われたら、私なら紹介状を書きますね。まあでもリハビリで頑張ると言うなら、じゃあ頑張ってみて、と言いますが」と医師。

 

動きが悪いと言いつつも、そんな画像の割には随分ちゃんと動いてくれている自分の身体に感謝しつつ、気持ちも新たに保存療法でもう少し、頑張ってみようと思った。

変形性股関節症的アーシンングヨガメニュー

勤務は結局一ヵ月延長になった。

いくつかの筋からの情報で今回延長はないと判断していたので、家の空調点検とかランチとかリハビリとか旅行とか(!)実は向こう1ヶ月間さんざん予定を入れてしまっていた(^^ゞ 延長は可能だが数日分の休暇日と早退日についての交渉が必要だった。

 

「あのぅ実は私、足が悪くてリハビリに通っておりまして…」

「えええ?そうなの?全然そんな風に見えないよ~?」と上司。

 

あら?(*゚∀゚*) もしかして上司、今回リハビリ再開第一目翌日に勤務開始した私の【あのキッキレの立ったりしゃがんだりのキャビネット収納動作】ほらあの絶好調に凄かったやつ♪見ててくれました~~?(嬉) ‥‥なわけないか(汗)

 

とりあえず事情を説明し、リハビリ予約時刻が早い日には早帰りさせてもらうことで交渉成立m(__)m

 

 

そんなわけで初夏のアーシング庭ヨガ生活2018年は、朝起きて家事をすべて済ませた後出勤前まで、という限定的な時間の中で、あと一ヵ月間展開されることになった。

 

まあそれでも出勤前に、40分間ぐらいは芝生アーシングしているここ数日の私。

 

40分間のうち、20分間は仰向けに寝そべって呼吸法からスタートする恩師PT考案の股関節ファシリテーション(仰向け⇒うつ伏せ⇒上半身起こし⇒椅子ワークまである流れ。詳細いつかブログに書きますが、全体を通して瞑想的な深い呼吸をしながら股関節を動かして行くリラックス系のワークです)を行い、その後ヨガに移り、ヨガメニューの中にPT先生考案の新たなリハビリワークを組み込んでいるのが今の状態です。

 

ちなみに、今私が行っているヨガメニューに番号をつけてみるとこんな感じ↓

①から始まるのは、 私の場合、恩師PTの股関節ファシリテーションワーク、たまたま開始のポーズはシャバアーサナで同じなのですが、その後いくつかのポーズを経つつ細かく揺らす感じで股関節を動かして行きます。

 

太陽礼拝Aは、コブラ上を向いた犬のポーズの入った一連の太陽礼拝フローメニュー。呼吸を深めながら自分のペースでゆっくり2〜3回行うことでここで体温を上げて行きます。

 

③の足上げのところに、PT先生の今回リハビリのワークが入ります(このワークについての諸々は多分今後記事に(^^)v)場所は勝手にここにしてますが、ええとPT先生、この点についてはどうでしょうか?(^◇^;)

 

④の頭立ちのポーズは、室内で壁を背にすれば出来るのですが、屋外の芝上だとまだ未完成。今は足を屈曲させ、身体をお尻で折りたたんだ状態で行うことで、少しずつ必要な体幹を作っているところです。

 

全体を20分ぐらいで済ませないと時間が来てしまう関係で、勤務前のアーシングヨガではそれぞれのポーズにつきゆっくり5呼吸から10呼吸のホールド。息が上がりそうになった時にはシャバアーサナで6呼吸して休みます。時間制限がない休日には、ポーズによってはもう少しホールド時間を取ったり、上記以外のポーズを組み入れたりもします。

 

ちなみに上記メニューの出典は図書館で見つけたこちらの本。このメニュー、股関節に負担が少ないアーサナ中心に組まれている点と、脊柱を中心に身体を動かすことで全身の血流が改善されるところが気に入ってます。今年は勤務時期にもこのメニューのお蔭で肩凝り予防にもなってます(^^)v

変形性股関節症 理学療法的インソール

PT先生の歩容改善セッションも3か月目に入り、2月以降のお仕事生活に備えてインソール作成も再開した。

 

先生にインソールをお願いするのはこれで4足目の私。もともとの靴の形状にもよるが、足に合ったウォーキングシューズでPT先生にインソールを作ってもらうと、それはもう自分の足のような、それしか履けない一足になる。あまりの履きやすさに近所のお買い物靴から「勝負靴」(?)まですべてそれ一足で済ませるようになってしまう結果、半年前に作っていただいた一足を既に履きつぶし寸前なので、今回は全く同じ靴を買い直しての同仕様2足目インソールトライである。

 

PT先生のインソール制作は職人技 だ。

 

裸足の状態で脚の型を丁寧に取り、まずは脚の形状に合わせて原型となるソールを削る。そうして出来たソールに、また裸足を合わせて今度は細かくマーキングを入れていく。マーキングした個所には0.25mm~0.5mmのパーツをいくつか入れ込んで細かく高さを調整。その状態になるまで、既に何日かを要する。(先生ありがとうございます<(_ _)>)

 

先週のセッションでやったのはその先で、マーキングして高さを調整した靴を履き、実際に歩いてみる。先生はその歩様をじっと見ている。痛みや違和感があるかないか、もしあるなら、それはどの場所にどんな感じの痛みや違和感なのか?「僕は患者さんの痛みを実際に感じることは出来ないので、そこはなるべく細かく報告してください」と、それは最初の時に先生に言われたことだ。

 

例えば「右ふくらはぎの右後ろが痛いです」と、往復8mほど歩いてみた私が言う。そうするとPT先生はほぼ間違いなく「やっぱりね」という表情をされるのが面白い。私の歩様を見て、先生には痛みや違和感の場所が分かるのだそう。私の口頭での報告は、結果的にいつもその確認になるみたい(^^;

 

私が申告した「右ふくらはぎの右後ろの痛み」を無くすための0.25mmから0.5mmの小さなパーツを、配置するのに適正な場所をPT先生は知っていて、次にはそのパーツがインソール本体に追加で配置される。で、往復8m、また歩いてみると、その時はもはや100%の確率で「右ふくらはぎ右後ろの痛み」は無くなっていて(!)でもその代わりに今度は、右腿の前が痛かったりする。

 

「右腿の前が痛いです。」と私。やっぱりね〜という顔の先生。そして今度は右腿の前の痛みを緩和する、0.25mmから0.5mmの小さなパーツを、右インソールのどこかのポイントに入れる。そしてまた歩く。100%の確率で右腿前の痛みは無くなっている。

 

こんなやり取りを5-6回、時には10回以上も繰り返し、最終的にはほとんど痛みなく歩ける感じになる。このやり取り、一種の芸術だと思う。それも有難いことに、患者参加型の芸術。ここでやっていることは、PT先生の芸術的に高い専門能力を、患者である私の股関節痛に反映させ、コラボすることで不具合を修正して行く試みだ。

 

作品制作の過程で患者としての私が担当する業務は、自分の股関節の痛みや違和感を出来るだけ迅速にキャッチし、なるべく正確に言語化して先生に伝えること。そしてその芸術的コラボの先にある完成作品が≪自分の足みたいな靴≫なのだから、こんなに有難い参加型芸術なんて滅多にない。

 

痛みは身体の声であり大自然の力の一部なのだと恩師PTから教わった。

 

PT先生との歩容改善セッションインソール作成を通じて痛みのモニター能力を高めながら(前回その点をPT先生に褒められましたから(^^)v)痛みをモニターすることは自分の身体とコミュニケーションすることなのだと改めて気づかされている。【痛み】とだってちゃんとコミュニケーションが取れれば、それはきっと新しい何かを生み出す、新しいエネルギーの始まりになる。

 

 

変形性股関節症プロフィール(5)太極拳

整体師Nさんのところには結局1年以上はお世話になりました。

 

転機になったのは、グリットフォームローラーとの出会いでした。

 

きらら体操教室のお仲間からの紹介でその存在を知って早速購入し、使ってみてびっくり。それまでテニスボールやらっこちゃんやポケットフィジオではカバー仕切れなかった広範囲の股関節周辺筋が、これを使うことによって自重により深部筋まで無理なくケア出来ることがすぐにわかりました。

 

整体師Nさんの施術は痛みの除去には効果的でしたが、関節や筋肉をかなり緩めるので施術日当日だけでなく、施術後も2日間程度はなるべく安静にした方が調子が良い、という点に、元来活動量が多い私は正直少し不自由を感じていました。

 

グリットフォームローラーで深部筋のケアが自分で出来れば、もしかしたら、守りの治療のみに追われ続けている今の状況から少しだけステップアップし、今より少しでも「回復」するのに必要なはずの、攻めの治療が出来る余裕が出て来るかも知れないと思いました。

 

ちょうどその頃、バイト先の知人で、長年太極拳をやっていて 見た目と心の姿勢が素晴らしい女性が、ご自身が出演する太極拳の発表会に声をかけて下さり、見に行く機会があったのですが、その太極拳の会ではかなり年齢の行った方でも皆さんきちんと動いておられることにとても感銘を受けました。

 

太極拳は動きがゆっくりなので素人目にはその時それほど大変そうに見えなかったのですが(知らないって怖い(^^;)、その同じ日の午後にNさんの施術に行って「私もやってみたいと思いながら見てしまいました」と言ったら、ホントに優しいNさんはホントに悲しそうに微笑みながら「まあでも、Mさんは水中太極拳ぐらいにしといた方が良いんじゃないですか?」とすごく控えめな感じでおっしゃいました。

 

「なぜですか?」と私。「太極拳はああ見えてもすごく筋肉を使います。Mさんの身体でそれをやったら、多分ケアが追いつきませんよ」と。

 

そうだよね、と私は、施術台の上で凝り固まった筋肉をNさんにほぐしてもらいながら思いました。

 

ただ普通に生活しているだけで、こんなに身体じゅうガチガチに固まって自分ではどうにもならなくなってしまうんだから、それ以上の負荷がかかったら生活して行けるわけがない。Nさんの施術日数だって、自分の趣味の運動のためにこれ以上増やすことなんか出来ない。それに水中太極拳なんて、メガロス にだってそんなメニューないよ。やっぱり変形性股関節症の私には、出来るスポーツはもうないんだよね。

 

変形性股関節症プロフィール(6)姿勢の教科書