変股症ヨガ・筋肉の代償問題に対処する

ハイパーボルト(記事はこちら)と腹部マッサージ(記事はこちら)という二大〈新兵器〉が出揃って早数日。

 

新兵器の登場で、これまでより〈守り〉の精度が格段に上がり、そのお蔭で日々の〈肉体改造〉トレーニングメニューとそれに続くヨガメニューは、変股症由来の代償的な痛みに煩わされることなく、練習によって鍛えたい本質的なところにダイレクトにアクセス出来るように、ようやくなって来た\(^o^)/

“変股症ヨガ・筋肉の代償問題に対処する” の続きを読む

硬いお腹を〈緩める〉という新たな要素


リハビリ&ヨガワーク前のハイパーボルト使用法にも慣れてきて、お陰様で椅子を使った戦士のポーズでは両脚ともに日々少しずつでもエロンゲーションレベル上昇を実感出来ている。ハイパーボルトを使って事前にしっかりとほぐしてから取り組むことで、ヨガアサナも、また今までハードだと思っていた今村先生の準備ワークも、これまでよりも容易に感じられるようになって来た。(そこに至るまでのハイパーボルト的顛末についてはこちらを)

“硬いお腹を〈緩める〉という新たな要素” の続きを読む

関ジャニ∞コンサートとハイパーボルト

昨夜は関ジャニ∞コンサート@東京ドームでした。

“関ジャニ∞コンサートとハイパーボルト” の続きを読む

アーシングパッチ、地球の底力

その日午前中は渋谷からほど近いある街に行ったのだが、坂が多く痛みが出て帰りの登り道は股関節が使い物にならなかった。

 

午後は整形外科クリニックで主治医PT太田先生の受診予約が入っていたのでいつも通りボディチェックしていただくと、先週ご指摘いただいたお陰で自分ではかなり重点的にほぐしを入れていたはずの長内転筋がまだ硬いとのこと。 “アーシングパッチ、地球の底力” の続きを読む

69,771歩の京都旅行プロジェクト

夏の京都、4泊5日の旅に行って来た。

“69,771歩の京都旅行プロジェクト” の続きを読む

戦士のポーズ椅子バージョンその後

数日間小休止していた勤務も再開し、変形性股関節症末期にしては公私共に多忙過ぎる1ヶ月半がスタートした(;´・ω・)。今夏はのんびりとヨガだけやって過ごしたかった本音とは裏腹に、なぜか法外に過密な日程状況になっているのは日ごろ自分が周囲に対し、いかに変股症ハンデを感じさせない生活をしているかの証であろうと一応ポジティブに捉えてみる(-_-;)。

“戦士のポーズ椅子バージョンその後” の続きを読む

変形性股関節症プロフィール2007~2019

ブログ開始から早1年半。アーシングとヨガとリハビリを軸に日々のことを書いて来ましたが、同じ温存生活でも気づけば色々状況も変わっているので(^^;、久しぶりにプロフィールを書き換えましたm(_)m

“変形性股関節症プロフィール2007~2019” の続きを読む

外閉鎖筋をほぐす(修正版)

先週は主治医P T太田先生のリハビリに行って来ました。
“外閉鎖筋をほぐす(修正版)” の続きを読む

循環を促す(2)

さて「循環を促す」の後半(2)です。前半(1)がまだな方はこちらから↓

循環を促す(1)

後で繋がります、繋げます٩( ‘ω’ )و

 

前回の記事は4月下旬、2週間程前から何となくあった右股関節周辺筋の歩行時接地痛が、WSの感動からヨガメニューを増やすうちにさらに悪化、仙腸関節に響くような神経に障る痛みが出現し始めるとさすがに不安になって来て、主治医PT太田先生に受診を含めた対応をご相談した、というところまででした。

“循環を促す(2)” の続きを読む

循環を促す(1)

古典ヨガワークショップに参加させていただいて良かった点はたくさんありますが、そのひとつはヨガでいう、プラーナというものの意味が実体験を以って確認出来たことでした。

 

WSでプラーナそのものの講義があったわけではないのですが、健康な心身維持に関する座学の中で自明の概念として登場するその言葉、1月のセミナーで今村先生直々に教わったいくつかのポーズを続けながら自分なりに日々感じていたこと、そして決定的だったのはマスターWSでのアサナフロー、やっている時の感覚、終わった後の圧倒的爽快感とその持続感、すべてがその日のうちに統合され、大事な何かがストンと腑に落ちる感じは感動的ですらありました。 “循環を促す(1)” の続きを読む