奥入瀬渓流でアーシング

夏の東北を旅して来ました(^^)/。

秋田竿燈祭り

 

青森ねぶた祭り

 

白神山地を歩き

 

奥入瀬渓流を歩き

 


八甲田山にロープウェイで登って山頂ハイキングコースも歩いて来ました^ ^。

 

大自然の中を歩くのって、まさに命の洗濯だー(*≧∀≦*)

 

ウォーキングではまたすべてノルディックポールのお世話になりましたが、全体的に京都の時よりも調子良く歩くことが出来たのは、風光明媚な大自然の中だったことと、今村先生の生体調律法(初)施術と適切な再統合を促す新ワークの導入から1ヶ月以上が経過して身体が調整後の状況に適応しつつあること、あとは多分、単純に今回は帰ってからお仕事に行かなくても良かったからー\(^-^)/‥‥痛みって私の場合、実はこういう心理的プレッシャーがかなり影響するらしいと再自覚している今日この頃、まあこの部分は今後の課題なのですが。

 

そんなわけでPT太田先生に事前にインソール再調整していただいた元祖スニーカー、今回お陰様で大活躍しましたよー(^^)vありがとうございましたm(_ _)m

 

奥入瀬渓流では石ヶ戸から銚子大滝まで下流から上流に向かう約9キロの行程を、途中写真撮ったりアーシングしたりアーシングヨガしたりしながらですが、何とか4時間程度で歩き切ることが出来たこと、観光ポイントの滝とか有名な渓流スポット以外にはあまり人がいなかったこともあって、メチャ気持ち良かったし自信にもなりました(この日の総歩数14,182歩)。

これぐらい歩けるようになると次はいよいよ屋久島もののけの森トレッキングコースが人生の射程に入って来たか?(*^ω^*)ノ 。←苔深いこっちは変股症患者にとってさらなるステップアップが必要そうですが、近い将来実現出来るよう引き続き精進します!

 

というわけで

 

旅行最終日前日にはとうとう恩師PTの恩師である今村先生のスタジオルーツ盛岡へ。

 

 

今村先生とのセッションは、徒手治療に始まって変股症対応ウォームアップメニューから今の私に必要な古典ヨガアサナのご提案、既習アサナのアジャストまで、相変わらず情報満載過ぎて時間が経つのがあっという間です。

 

画像は変股症末期患者の必死のプランクに対しても決して愛(のムチ)を忘れない今村先生^^;。

 

ところで今回今村先生から新たに導入された前鋸筋ワークですが、導入時にスタジオで使った、あの天井からぶら下がっていた神トレーニングデバイス、やはり最初はあった方がベターと思ったため、家でも何とか再現してみました!

 

と言っても(^^;;

 

‥‥家にあった古いトレーニングチューブを園芸用支柱に繋げたものを、ぶら下がり健康機に引っ掛けてみただけですがf^_^;。

 

でも実際やってみると機能的にはソコソコいけます。この成果は1ヶ月後に(^-^)v。頑張ります。

さて

 

スタジルーツ盛岡は勿論盛岡にあるので東京からは遠いのですが、幸いなことに今村先生は年間を通じて上京される機会もしばしばあるそうで、とりあえず来月は上京のご予定があるため、それに合わせて東京での個人施術、個人セッション予定を調整中だそうです。

 

東京近郊にお住まいで、私同様に身体の不具合や痛みのある方、あるいは私の夫みたいに、病名がつくほどの痛みや不具合ではない〈何となくの不調〉を改善し運動パーフォマンスを上げたいと願う方で今村先生の治療やご指導にご興味がある方は、今後先生のブログを時々チェックしていただけると、そのうち来月の東京施術のお知らせがアップされる、はずです(^ ^)/↓

今村先生のブログこちら