雨の庭アーシングと理学療法的インソール

10月も早半ばだというのに今年は朝の庭アーシングがまだ全く問題なく出来ている。意外に寒くないのは温暖化のせい?

 

ちょっとだけ問題があるのは今朝のような雨の時だ。

 

霧雨や小雨の場合はいつもの時間になったら庭に出て決行してしまうことが多いのだが、今日は割と大粒の雨が普通に降っていたのでYahoo天気予報の雨雲レーダーを睨みつつしばし待機。朝8時を回ったら少し雨粒が小さくなったのでそこから準備、8時15分ごろから庭に出て、最初は小雨だったけれどリハビリ→ヨガとメニューをこなすうちにいつの間にか雨は上がっていて、身体の声を聞きながらいつものメニューをゆったりじっくりこなして終了したのが10時半。こんなのんびりはもはや期間限定ですが、至福のひとときでした(#^.^#)

 

雨の最中や雨の直後は芝生が濡れている分アーシング効果が高く感じられ、それはそれで別の趣があって大好き♪と感じる今年の私は庭アーシング歴2年目です٩( ‘ω’ )و

 

さてさて、来週からのお仕事生活に備えてこまごまとした買い物で街歩きも多くなっている昨今の私ですが、今日はPT先生から渡された今期3足目のインソールトライ「ピカピカ黒の運動靴」の試し履きも兼ねて2時間半ほど街歩きして来ました。(理学療法的インソールの説明記事はこちら

 

まず気づいたのはこのピカ黒も、今期お願いした他2足の勝負靴ほどではないけれど左足を蹴り出す時に左足首内側に少し抜ける感じがあること。同じアシックス製なので、そもそもの木型がそうなっていて、それが今の私の足にフィットしていないのでしょう(;^_^A (前はそんなことなかったんですが、もしかしてリハビリの足指ハードトレーニングの結果、左だけ前よりスレンダーな足首に?…なわけないか)

 

そして勝負靴(茶)を街で試し履きした際にはもっとはっきりと感じた内側荷重への誘導感ですが、ピカ黒ではそれほどでもなかった。まあでも以前のバージョンと比べて外側荷重になりにくいインソールモデルなのは確かだと思いますが。

 

歩き始めてすぐに左足首の抜け感が気になったので、デパートの椅子に座ってとりあえず紐をきつく結び直したところ、足の甲の紐がキツ過ぎたのか、そっちは逆に圧迫感が。タイトな紐によって足首の抜け感は是正されますが、足の甲はもう少し緩めの方がベターで、そのあたりの塩梅は何回か繰り返すうちに分かって来ることでしょう。

 

まあそんな事情もあって、夢のように軽やかな歩行、というわけには行きませんでした(^^;。横を見てガラスに映る自分をチェックすると頑張って歩きつつもしっかり跛行してる!甲がキツイというのもありましたが、歩きながら相変わらず右脚が邪魔な感じがあったことがもっと問題でした。右股関節の伸展がちゃんと出来ない!大腰筋、もう少し頑張って!

 

でも歩きながらどこが痛いかと言えば…

痛いところは特になかった。

 

さらに幸いなことに途中から「必殺・布草履歩行」を思い出しました。足指を使って地面を掴むイメージで歩く。そうすることで重心が後ろに来て大股歩行になり、右脚の伸展動作が楽になる?(という仮説byヨギーニM(^^;。その記事はこちら)メカニズムはともかくも、布草履を意識して歩くだけで私の場合、跛行がかなり是正されます。今日は2時間余でしたのでそれほど疲れることもなく、結果最後までそれほど激しい骨盤前傾にもならずに買い物を終えることが出来ました。ちょっと惜しかったのは甲の紐がキツかったことぐらいか。

 

帰宅して改めて気づいたのは、2時間半歩き終えても、どこも痛くないこと!それから遅い昼食を食べ、ソファにアーシングシーツ(ハーフサイズ)を広げた上に寝転んで読書…と思ったら瞬時に寝てました(;^ω^) その後電話で起こされ、夕方までアーシングシーツの上で読書。…しかしふと立ち上がったらシーツに肝心のアーシングコードを差し忘れていたようで(;^_^A ま、いいか。

 

それから夕飯準備は、一応アーシングマット小をキッチンに持ち込んでその上で調理。アーシングパッチは本日は割愛です。そして夕飯後も、今日はほぐしもストレッチもメンテナンスも無し。

それぐらい、痛いところがないです。

 

結果、今日の感想「新たな勝負靴の出現?…その名はピカ黒?」

 

先生、とりあえず明日のリハビリに履いて行きますね!(‘ω’)ノ

タイトルとURLをコピーしました