アーシングパッチは湧泉のツボにも貼ることで効力アップ?

変形性股関節症末期、人工股関節置換手術を某大病院の股関節専門外来で勧められてから早数年の私。その後ヨガやアーシングや理学療法等の叡智と出会い、股関節は温存しつつ、さらなる健康オタクの高みへと突き進む毎日です(^^ゞ

 

さて、先週末は植木剪定中に剪定ばさみが落下、ハサミの先が、あろうことかより悪い方の右脚の親指にグサリと突き刺さるという、普通に思慮深い人々にはなかなか起きないような(珍)惨事が勃発(泣)、結果、右脚親指の第一関節から付け根の間がかなり深く切れてしまい、タクシーで駆け込んだ病院で全治2週間の診断となったのですが、形成外科専門医による数時間以内のテーピング治療と夜寝る時のアーシングパッチでその後どれだけ回復するか?というところまででしたね(^^;(詳しくはこちら

 

それが、結構回復しましたよ~~~。

 

とりあえず傷はテーピングによって外見的には綺麗にくっつき、ただ、2日前の診察時にはまだ、親指でパーは出来ても、グーをしようとすると痛かった。それを言ったら医師に「傷の表面はついたように見えていても、まだ治ってないから痛いんです」と言われました。確かにそんな感じでした。でもそれから2日後、今日は足指グーをしても痛みがほとんどなくなっていて、お蔭様で今朝はヨガも久しぶりにフルメニューで1時間半出来ましたよ、あー気持ち良かった~\(^o^)/

 

これまでアーシングパッチを変股症由来の股関節周辺筋痛にフル活用、地球パワーの恩恵を存分に受けて来た私ですが、実は傷に使ったのは今回が初めて。そもそもアーシングパッチの効用的にはまず傷の治りの早さが謳われているので元来使わない手はないはずなのですが、受傷当日はパッチのその効能をすっかり忘れ^^;いつもの習慣で相変わらず股関節周辺筋と肩甲骨内側にだけパッチを付けて寝てしまいまして(^◇^;)。少し冷静になった翌朝気づいて、以後親指の傷のためにもパッチを2枚追加して寝るようになったのでした。(アーシングパッチって何?って方はこちらを)

 

さて、今回傷のためにパッチをつけた場所は親指の付け根の先に近い甲の部分足裏の経絡のツボ湧泉の上。まあ理由は単に、その2か所が傷に近かったからなんですが、お蔭様でその経験が、変形性股関節症対策のアーシングパッチの貼り方についても新たな気づきに繋がりました。

 

ポイントは足裏の湧泉ツボ。

 

アーシングの抗炎症効果についての論文でも、受傷者に対する治療の方法として、創傷周辺に加えて足裏の湧泉にパッチを貼っているぐらいですから、ここはそもそも治療効果をのぞめるポイントなのです!

 

それを実感したのも今朝なのですが、実は昨日、まだ足指グーの時に痛みがあったので無理は出来ないと思いつつ…も、ついつい春の陽気に誘われて、アーシング庭仕事ではなく普通の庭仕事をちょこっとやってしまい、その作業内容には生ゴミ用コンポスター内で分解済みのねっとり土を普通の土に混ぜてこんで発酵させて進化させるための下準備が含まれており、そのために(変股症患者にはおそらく禁忌な)「しゃがむ」姿勢を、気づけば連続小一時間ほどしてしまったのでした~(股関節さん、ごめんなさいm(_ _)m)

 

その影響か、昨夜寝る前に股関節周辺筋が痛いことに気づき、遅らばせながら新聞を読みながら足をゆらゆら(ながらファシリテーション)させた後に寝室に上がってみるも、ベッドに身を横たえて尚、股関節周りが痛い!!これは明日以降ヤバいことになりそうだから、寝る前に今一度階下に降りてグリッドフォームローラ―(←興味ある人はこちらほぐしのメンテナンスしてから寝る方が良いなあ‥‥と思いながらも睡魔に勝てず、そのまま寝てしまったその翌朝‥‥(それが今朝ですが)なんと…

 

痛みが全くないんです!(驚)

 

全く痛くないって、そんなわけないだろーと思うぐらい昨夜はヤバイ予感があったのですが、この破格な回復力にはいつものアーシングパッチ以上のパワーが働いている気がして、ふと気づいたのが右足裏の湧泉に貼ったパッチの存在。

 

もしかして・・・これ?

 

いやまだこの実感は一日だけなので、実証レベルではないかもですが、ただ自分的には今後、股関節症的にもピンチの時には

 

股関節周辺筋+湧泉のツボにアーシングパッチ

 

絶対これで行きます!

 

アーシング論文ご紹介は、次の項がちょっと長いので、今日はここまでで終わり(^^)v。ちなみに今週で冬の間毎日続いた季節労働終わるので\(^o^)/次回はただのヨギーニМに戻ってまたお会い出来るのが楽しみ♫