椅子を使った戦士のポーズ 卒業記念YouTube動画

変形性股関節症末期 x 庭アーシングヨガ愛好家earthing-yogiと申します。

 

早くも12月も半ば。世界的にも、そしてプライベートでも、変化の大きい一年でしたが、変形性股関節症ヨギーとしては、地道に進歩出来た、実り多い一年だったと感じています。

 

師や、師の師(マスター@Zoom講座)から、その時々に導入される新しいアサナやワークが常にあり、克服しなければならない課題、強化ポイントが明確に意識される日々。それらに向き合い、練習を地道にこなしていると、その先には必ず「進歩」というご褒美があリました。コロナ禍の日常を過ごす中、ヨガにおける成長があったお陰で、精神的にはむしろかなり助けられたと言えるかも知れません。

 

で、ここ数ヶ月のヨガ練習において、自分的に1番の強化ポイントは「バランス」です。

自分がバランス系に弱いという気づきの最初は、師が夏頃にYouTubeで紹介された「ハムストリングスの機能的柔軟性を高めるワーク」をやってみた際に、変股症末期の右足を軸にしたワークメニューがどうしても上手く出来なかった時でした。(ワーク動画はこちら

 

それと前後して受けたZoomヨガワークショップでも、各種フローメニューを徐々にこなせるようになって来ている一方で、バランス系アサナが出てくると、とにかくぐらつく!ポーズを保持出来ない!という苦手意識を自覚した時。

 

特に、フローメニューの中で頻出する「戦士」系のポーズのたびに、毎回ぐらつく!(⌒-⌒; )

 

そういえばこれまで、バランス系アサナの練習が全体的に手薄だったということに急に気づき、その一環として、2019年5月に師から導入されて以来、地道に毎日練習を続けて来た「椅子を使った戦士のポーズ」の椅子についても、そろそろ外さないといけない!と自分で突然、椅子からの卒業を決心したのでした。先月11月のことです。

 

 

ちなみに師・今村先生は、今年6月の個人セッションでご提示いただいた練習メニューの中に既に椅子を使わない普通の「戦士」が入っていたので、もっと早く、椅子から離れても大丈夫、或いは、離れるべき?と、思っていらしたはず^^;/。その時は私の方がまだ、椅子のない戦士に移る自信を持てなかったため(⌒-⌒; 、間髪を入れずにその場で許可をいただいた上で、相変わらず愛用の椅子を使い続けていたというわけでした。

 

 

で、椅子を使った戦士のポーズから戦士のポーズの練習に移ってひと月ほどになります。移行した当初よりは少しマシになりましたが、今まだ安定性には問題が(^_^;)。グラグラは残っています。

 

 

ただ、そのグラグラは、足裏と地面の関係性の軸を掴めていないことに起因するアンバランスであって、上肢と下肢の連動性に問題があるわけではないこと。そして、今この練習をしていても、股関節の不具合に繋がるような痛みがないこと。

 

↑↑↑その2点はとても重要です!

 

思えば「椅子を使った戦士のポーズ」を練習し始めた昨年5月から数ヶ月間というもの、椅子があっても尚、上肢下肢の連動性がうまく取れずに身体は常にグラグラしまくり(⌒-⌒; )、そのグラグラを何とか安定させようと、下肢の余計な筋肉が代償して痛みを出すことの繰り返しでした。

 

そうそう、その頃は、整形外科クリニックで主治医PT太田先生にもメチャお世話になりましたm(_ _)m 。その後、師・今村先生にご紹介いただいた神・振動治療器ハイパーボルトとの出会いがあり(説明記事はこちら)、その使い方を主治医PT太田先生からも丁寧に教わってセルフメンテナンス力がアップした効果もあって、徐々に痛みなく練習出来るようになって行きました。

 

思えば1年半前、椅子を使ってすら、まともに出来なかった戦士のポーズ。

 

それを今こうして、自分のレベルに合ったチャレンジとして、椅子無しで、練習出来ているという現状(涙)。

 

改めて考えるとそのこと自体が既に奇跡のように思えますが、それを可能にしてくれたのがまさにこの「椅子を使った戦士のポーズ」なのでした。

 

と、考えれば考えるほど、今回のこの卒業は自分にとって感慨深いものだと改め気付いたため^^;、自分自身の成長の記録と、お世話になった先生方への感謝とご報告の意味で、「椅子を使った戦士のポーズ」、この度久しぶりに動画にしてみました。

 

で、師・今村先生のご了解を得た上で、YouTubeにて地味ながら公開中(^^)/。

 

変形性股関節症ヨギーとしての私の進化において、今のところ歴代最強の役割を果たしたと思えるこの神ワーク、どなたかの、何かのご参考になれば嬉しいです。⇩⇩⇩

椅子を使った戦士のポーズ2020年冬

 

タイトルとURLをコピーしました