源泉露天風呂は究極のアーシングかも

昨日のPT先生リハセッションは意外なことに(?)足裏フォーカスでした。

ちょっと不具合を感じると、即座にホールド&リラックスワークでそれ以上悪化させない(^-^)vという新手法により、股関節周辺筋膜内に埋め込まれていた沢山のパチンコ玉はハイキング後むしろ溶解しつつあること、でも案外(実は矯正インソールに助けられている)歩行時よりも、裸足でキッチンに立ってる時の方が鬼門で、すぐに疲労痛が出てホールド&リラックスが必要になるんですよねーという話から、では今日は立位時の足裏の状態を見てみましょう、はい、では立って、(状態チェック後しばし徒手でほぐしていただいた後)、はい、では足裏グーパーやってみてください。

 

がーん( ̄◇ ̄;)

 

久しぶりに聞いたグーパーという言葉(^◇^;)

 

先生すみません、最近奇跡のホールド&リラックスワークの圧倒的存在感にすっかり気を取られている反動もあって(^^;ゴルフボール足裏ほぐしから足裏グーパーの自主トレ、久しく全く、やってませんでしたーm(_ _)m

 

案の状全然うまく出来ず(^◇^;)

 

昨日PT先生からのご指摘は、私の場合

右足親指のパーがスムーズに出来ていない←立位時や歩行時に外側荷重になってしまう一因かも?

左足指の開きが全体に悪く、特に左小指はほぐしの徒手の前はほぼ動いていない。←これが出来るようになると左脚が右脚をもっとカバー出来るようになるはず?

 

というわけで、足裏グーパーの課題がまたまたクローズアップされ、結果、本日旅行先の信州には当然ゴルフボール持参です^ ^

 

今回はオットと2人旅なので家からすべて車での移動。昨年の高知の海岸や上高地と違い、今回は到着してすぐに裸足になる【夫婦アーシング】は出来ないですが(^◇^;)、信州は樹木からの放出エネルギーが半端なく、さらには源泉掛け流し露天風呂は究極のアーシングだと感じられるので、わたし的には勝手に、やはり《地球から気を貰おう》がテーマの旅です♪

 

さて、本日の歩数ですが

ちょっと光っちゃいましたが、一万歩超え&寺院の階段登り降り頻発の割に痛み指数は1~2程度での推移。基本的にはやはりちょっと疲れたら【必殺・椅子ホールド&リラックスワーク】で即刻ケア!の方策が相変わらず功を奏しており、でも今日は7000歩過ぎた辺りで一度、移動車中の助手席で靴を脱いでの足裏ゴルフボールほぐしもやりました。

 

で、ここで気づいたのが、右足裏の凝りが、薬指の腹辺りに集中してること。これは案の定の外側荷重になりまくってる証拠ですねー(^◇^;) 一方左は中指の腹辺りが少し凝っている感じ。でも凝り方は右ほどじゃないです。

 

とにかく右は足裏凝り過ぎが驚くほどでしたので、結構長いこと車中ゴルフボールケアしちゃいました。言われていたのにやりすぎたか?(-。-;真田の隠れ湯の回復効果でなんとか(ほぐし過ぎから^^;)リカバリーしましたが。一方 今日はスニーカー(最初にインソール処方していただいたもの)の靴紐が緩かったことにも気づいたので、明日は朝からキュっと締めて行くことにします。まあ気をつけていると色々な気づきがあるものですね。今回のリハビリセッションにおいては、ブログの更新による〈意識化〉も大きなテーマのひとつだと思っています。

 

さて、本日ノルディックポールは使いませんでしたが、安楽寺の八角三重の塔に行く階段だけは、杖が置いてあったので、2本持ってノルディックボール風に使わせていただきました。

境内には我々しかいなくて、わたしの杖の音が山の木々間を下駄みたいに響いて、なんだか気持ち良かった(^-^)

タイトルとURLをコピーしました