アーシングソックスを5本指で履くための改造計画2

早いもので12月に入りました。

 

暖冬なせいもあってこれまでのところ、12月になっても変わらず毎朝庭アーシング出来てましたが、今週末にはいよいよ東京地方でも最低気温0度の予報が出ているようで(^◇^;)そうなるとさすがに室内アーシングへの変更を余儀なくされる日が出て来ることでしょう。

 

まあでもいずれにせよ今週末は冬支度として、ニット用のミシン針と糸を購入し、アーシングソックスを5本指で履くための改造プロジェクト(別名:まあ私の技量じゃせいぜい2本指アーシングソックスに作り替えるぐらいしか出来ないけど、でも頑張る!計画(^^;)を完結させます。

 

で、ニット用のミシン針と糸ってどんなよ?とかなり構えてましたが、実際手にしてみると、そうじゃない針と糸とどう違うの?と見分けがつかないほど。

縫っていてもそれほどの違いはないような(^^ゞ…糸がちょっと絡まりやすいぐらいかな。

で、完成品です!

完成品を履いて動いてみて初めて、やっぱりニット用の糸は違うと感じる!伸びが良い分、履き心地が良いです(^-^)

 

庭アーシングの防寒対策として、アーシングソックスとグローブを使用している昨今ですが、実際に使ってみると防寒以外にも良い点があることに気づいて来ました。

 

それは、まずは当たり前のことですが、庭でアーシングしてもグッズが汚れるだけで、手足がほとんど汚れないこと!加えて素肌をさらさないってだけでも日焼け対策になりますよね。アーシンググローブとソックス(共にリラクリフェ社製)は、庭アーシング後すぐに液体洗剤に浸けた後はさっと手洗いするだけで簡単に綺麗になるため、足についた汚れをゴシゴシ洗うよりも結果的に時短になっており、一分でも惜しい出勤前には助けられています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました