人生100年時代の医療に向けて

年末(12月23日付)の日本経済新聞に

 

「再生誘導医薬」広域に 膝の治療で臨床計画

 

という記事が出た。

 

著作権法上画像が出せずWeb版も有料会員限定記事なのでリンクも貼れないが、要は同じ再生医療でも遺伝子を導入するiPS細胞とは違い、組織や臓器の修復に関わるタンパク質配列が再現された薬を患者に注射投与することで、患者自身が持つ骨髄中の肝細胞を血液中に誘い出し、傷ついた組織を修復させようという新しい治療法だという。この薬の変形性膝関節症に対する臨床研究が2020年から始められる予定らしく、驚くことにマウスでは既にこの方法で軟骨再生しているらしい。興味ある人は検索してみてください。この治験が膝関節でOKならば、股関節も希望持てるんじゃない?٩( ‘ω’ )وとビックリ仰天&再生医療頑張れ!な年末でした。

 

 

そして年が明けて本日、主治医PT先生の今季最終受診日。

 

今日は今季デビューの新ブーツで、いつものように歩様を見ながらインソール調整していただいたのですが、まあ実際は今回インソールを取り外せないタイプの靴だったため、0.2ミリのテープや0.5ミリのチップを靴底に次々と直接貼り付けて行く作業になりました。お陰様で新ブーツはあっという間に『冬の勝負靴2』に早変わり\(^^)/。先生いつもありがとうございます。

 

太田先生は毎回私の歩様を見ながら、チップを足したり引いたりされるわけですが、そのメカニズムは先生のインソール愛用歴3年が経過した今も全く理解出来ていない私。メカニズムを一切理解せずとも技術が確かなことは身体が分かっているので、先生のやり方には盤石な信頼を置いている、というのが理学療法的インソールに出逢って3年後の今の状況です。

 

というわけで

 

素人には3年経っても全く理解出来ない特殊技術をお持ちの太田先生は、インソール以外でも理学療法士としての臨床経験の豊富さと知識の深さ、また母のように患者に寄り添えるお人柄から、整形外科受診において数か所のクリニックをまたいで各主治医(医師)の存在を軽々と超え続ける、私にとって《主治医PT》としての地位を不動のものにしておられるわけですが、そんな先生から今日、思いがけないご質問をいただきました。

 

(先生のご専門である)足や歩行について、一般人が調べてみたいと思う情報は何か?

 

インソール調整しながらのトークだったので、もしかしたら論点ズレてる可能性も大ありですが(^^;、方向性として、主治医PTが同じような志を持つ他数人のPTの方々と今後SNSで情報発信して行くプランが既にある。その為に、SNSにアクセスする患者、或いはもう少し広く、一般人がどのあたりのトピックに興味関心があるか、それを知りたい、というようなご趣旨だったと理解しました。(違っていたらすみません)

 

上にも少し書きましたが、変形性股関節症の私がここ数年間結構な頻度で整形外科を受診する中、医師との関係は想像以上に希薄なものです。医師が行うのは主に画像診断、あとは鎮痛薬や湿布の処方。そこから先の患者の「回復」はすべてPT先生方個々人の腕にただただ任せられている。

 

一方、今のクリニックに移って特に感じることですが、保険診療の制約もあって特に時間的制約が厳しい。(それでも私は主治医PTについて既に3年目という歴史もあるお蔭で、内容的には相変わらずかなり満足度の高いセッションを今季も受けさせていただき感謝ですがm(__)m)私個人はともかく、一般的言って、PTの先生方がそれぞれの持ち味を生かして思う存分治療できる環境かと言えば、実際はかなり制約がある、というのが現状ではないかと認識しています。

 

一方、上記再生誘導医薬のような、医学の目覚ましい発達によって、人生100年時代の到来はおそらくもはや間違いない。

 

誰もが健康長寿を目指さなければならない今後は、特に慢性的な身体の不具合に対し、今のように対症療法的ではない、もっとホリスティックな医療がますます求められるようになると思います。今の高齢者は薬漬け過ぎです。ホリスティックな治療は個別性が高いので、治療者と患者の信頼関係の中で自由診療の果たす役割が今後増えて行くだろうと予感されます。

 

そのような背景の中、太田先生や今村先生のような、若さと才能とお人柄を兼ね備えた方々が既存の枠に囚われず、新たな切り口でこれまでと違う活動を進めて行かれることは、高齢者目前の我々にとってはとても頼もしく、心から応援させていただきたいと思うことです\(^o^)/

 

と、前置きが長くなりましたが^^;

 

とりあえず、足、歩行関係で私が今個人的に気になるトピックを挙げますと

 

浮き指 その原因と弊害と対策(改善されつつあるとは思いますが私もまだ道半ばです)

 

靴の選び方 足のために外せないポイントは?

 

ふくらはぎマッサージ  第二の心臓と呼ばれ、全身の血流に影響を与えると言われます。足の冷え解消に役立つ効果的なマッサージ方法など教えていただければ♪

 

足マッサージ ゴルフボールマッサージ&足指グーパーは毎日やっていますが、お陰様で長年ガサガサだったカカトが、今かなりマシな状態です。私の場合、カカトの改善は変股症対策の副次効果でしたが、女性の場合、このケア自体に難儀する声が結構あるので、美容方面から足マッサージに切り込むのもSNS情報的にはアリかも知れません。

 

イチロー歩き 最も負担が少ない歩き方ってどんな?

 

 

今のところそんな感じでしょうか。他にも何か思いついたらお知らせしますし、実際SNSコラム?が始まってからの方がイメージしやすいかも知れません。先生、次はこれも知りたいです♪とリクエスト出しますよ( ◠‿◠ )

 

あと「イチロー歩き」については、難しくて出来てないんですが、ちょっとしばらく試行錯誤で自分でもやってみるつもりですので、また次季のセッションで具体的に対面で質問させていただくかも知れません。

 

というわけで

 

今季も充実のリハビリセッションをありがとうございましたm(__)m(と、新年早々またまた私信からのスタート(^^;。こんなブログですが今年もまだ細々とやります。気が向いた時に読みに来ていただれば嬉しいです。今年もどうぞよろしくお願いします。)

タイトルとURLをコピーしました