変形性股関節症プロフィール(8)賢者のポーズ

昨日恩師PTの「出来るんじゃないですか」でプロフィールを終えたつもりの私でしたが、今朝いつもの朝ヨガの最中に、ヨガの神様から「プロフィール、まだ終わってないだろ~」と天の声が降りて来ました。で、よく考えたらそうでした。まだ終わっていないどころかもしかしたら、これから書くことの方がメインかも知れません(^^; それに気づいたので謹んで追記させていただきます。

 

今日は具体的に行きます。

 

ヨガに「賢者のポーズ」というのがあります。

これは恩師PTのボディワークコンセプトにも共通点のあるポーズだったので、恩師とのヨガセッション時に時間をかけて丁寧に教えていただいたポーズでもありました。

 

私は左右共に変形性股関節症なのですが、右の方が悪いので、恩師にこのポーズを習った当時は、右膝右手を着く方の、右側バージョンが、モデルさんのようには出来ませんでした。右膝に荷重がかかると右股関節に痛みがあったので、このポーズに必要な腕と腿の角度を保つことが出来なかったのです。今から5-6か月前のことです。(下記の画像はテキスト内で、ポーズを完成する過程を説明したものです。)

 

恩師PTとのヨガセッションが8月初旬に終わった後、私は、月2回ほどママ友インストラクターに少人数グループでヨガを習ったり、ご贔屓のヨガインストラクターの単発セッションがあればそれに参加したりもして来ましたが、基本は毎朝、恩師と学んだ教科書にあるポーズを、その日の身体の状態と相談しながら適当に組み合わせ、一人でヨギーニライフを過ごして来たわけです。

 

夏の間は外でアーシングヨガ、10月からは室内ヨガに代わってますが、室内ヨガを始めてしばらくして大きな鏡を買いまして(‘◇’)ゞ、だって、ひとりでポーズをチェックするのに鏡がないと、背中はまっすぐか、足と手の角度はどうか、とか分からないもので(^^;・・・で、とにかくこの賢者のポーズについては、ある時から、右膝右手を着く方のバージョンでも、モデルさんと同じ角度が取れるようになり、おまけにその頃にはもう右膝に荷重がかかっても股関節が痛むこともなくなっていました。

 

で、それだけでも十分に嬉しかったのですが、今月に入り、この教科書の指示においては上記ポーズの先に「余裕があれば」やってください、と書いてあるこのポーズ

 

にも挑戦してみたんです。

 

そしたら驚いたことに、12月上旬の初トライの段階で既に案外出来そうなんです。これは最初のポーズ以上に股関節への荷重はありませんから、股関節症的にどうこうというよりは、体幹の問題なんですね。

 

でも月初にポーズを始めた段階では、身体を支える時、まだ腕の筋肉がブルブルしてました。恩師PTにはもちろん、ママ友インストラクターにもよく言われることですが、ヨガポーズは筋力でやってるうちはまだまだで、それぞれのポーズの中に骨格張力が重力とバランスを取れるポイントが必ずあり、そこにハマると筋力は格段にギアを落とせるようになります。重力を味方にし、地球と一体化する感じです。骨格を支えるための関節の角度にポーズのポイントがあるのは当然として、関節がその角度を取るために必要なインナーマッスルが重要ポイントで、最初は無理でも、毎日練習するうちに、身体の中で自然と、抗重力に必要な、骨と筋肉の協調が図れるようになって行く‥‥

 

そしてなんと!今日は賢者の余裕ポーズ左腕バージョンについて

左腕がブルブル震えることなく、ホールドすることが出来ました\(^^)/

 

右はもう少しです。多分あと数日???

 

賢者のポーズだけでなく、他のポーズでも同じことを感じるのですが、ヨガを毎朝やっていると、各ポーズごとの抗重力のポイントを身体が少しずつ掴み始めるような気がします。関節の角度とそれをキープするのに必要なインナーマッスルの協調。出来るポーズが増えるに従って使えるインナーマッスルも結果的に増えるので、そのおかげで日常動作時に股関節にかかる負担が減って来ていているんじゃないかと思います。夏以降も毎日ヨガを続けるうちに、恩師PTのセッションを終えた頃には通常10段階の1.5、無理すると2ぐらいだった痛みの指数が、今はもう少し下がっています。さらに先月からは痛み指数の下限安定と歩容改善を目指して全く別アプローチでのPT先生セッションも進行中ですので、それについては後日触れて行きます。

 

ヨガの叡智については、ブログにも先日書きましたが、ヨガの凄いところは、やっていて辛さがないことです。辛さがないどころか、毎朝ヨガを終えると、血流が増し、細胞が活性化し、エネルギーに満たされる感じで身体が喜んでいるのが分かります。身体とはもちろん、股関節だけじゃなくて全身です。

自分の身体を愛し

身体に感謝すること

 

それが恩師PTの教えの根幹だったかも知れません。専門家が教えることが出来るのは、不具合を抱えてしまった身体を慈しみ、まだこれからも大切に使っていくための方法であって、教わった方法を実践し、自分の身体に対して具体化して行けるのは自分自身だけなのだということ。それも恩師から何度も言われて来たことでした。

 

「出来るんじゃないですか」と言ってくれる指導者に出会えなければその先に行くことは出来なかった。でもそれを書いたならばその先のこと、そこから今までのことも書かないと公正じゃないでしょ?と今朝ヨガをしながら、ヨガの神様に言われた気がした。

 

その通りだと思いました。そして失われた軟骨が再生しない限り、その道はこれからまだまだ、多分ずっと続きます・・・

 

長々読んでいただいてありがとうございました。

 

後はブログでお会いしましょう(@^^)/~~~