プロフィール

 

名前)変形性股関節症ヨギーニM

変形性股関節症末期からヨガを始めて数年目。

今や庭アーシングヨガが日課な毎日を過ごしています。

 


2007年
股関節や脚の筋肉に時々激痛。整形外科でレントゲン撮るが異常なし。

 


2011年~2013年
人生後半を意識し出し、大の苦手だけどホントは大好きで実は前からやってみたかったエアロビクスに熱中し出す。下手の横好き。時々脚が痛いなと思いながらも週2-3回は大喜びで飛んだり跳ねたりする。痛みがあると、整形外科もたまに受診するが、PTの方々のリハビリもいつも2-3回で終了になるし、本人も危機意識ゼロ。

 


2014年
JR総合病院で人工股関節置換手術を受けた知人から「あなたの症状は私と同じと思うから早く手術しなさい」と強く勧められ、まさかと思いながら股関節専門外来を受診すると、あなたはもう末期だからいつでも手術にどうぞ(‘ω’)ノと医師にも言われ逆に驚く。以後、何とか温存出来ないかと遅らばせながらパソコンで方策の検索を開始。

 


2014年~2015年
股関節保存療法で人気の理学療法クリニックに数か月間お世話になるが、運動音痴のせいか、正確に真似るようにと何度言われても【先生のお手本通りの正しい歩様】で歩くことがどうしても出来ずに途中で断念( ノД`)。

 


2015年~2016年
夫の紹介で一般の整体に通い始め、信頼出来る整体師さんに骨と筋肉を定期的に調整して貰いながら何とか痛みを折り合いをつける日々。

 


2016年~2017年
リハビリに重点を置いた整形外科クリニックで恩師PT山後昌之先生のリハビリスタート。クリニックのマットスペースでボディワークヨガ呼吸法等を教わる。恩師PTの治療は、変形性股関節症に対する直接的な対策というよりは、患者自身に自らの心身ケア全体に対する姿勢を根本から再考させるよう導く内容のリハビリで、その多大な影響は私の中で今も続いているし、これからも続いて行くと思う。

 


2017年~2018年
恩師PTのご退職と同時にクリニックのリハビリ担当がPT太田雄大先生に交代。恩師PTから教わったヨガはそのままセルフワークとして毎日続けながら、PT先生からは個々の筋肉のほぐし方とその筋肉を適正に使えるようにするための促通ワークを多種多様に教えていただき、お蔭様で痛みが出た時の自己対応力が格段に上がる。PT先生にはインソール作成もお願いし、その総数は多分…8足? PT先生のクリニックご在職2年弱の中でインソール作成件数ダントツ第1位患者は多分私であろうと密かに自負(‘◇’)ゞ

 

 


2019年
恩師PTの恩師・今村奏丈先生や、そのまた恩師のヨガマスターから直接にヨガを学ばせていただくまさかの機会がとうとう訪れる。変形性股関節症リハビリで、初めは恐る恐るヨガを始めてからたった2年の私は悪戦苦闘しながらも古典ヨガの「各アサナ1分間保持」に挑戦を続ける。岩手の今村先生とのプライベートセッションはこの年合計6回。回数多くは出来なかったが各回の内容充実ぶりが凄まじく、頻度的にはこのぐらいで丁度良かったかも知れない。その分、細かい身体的不具合については整形外科クリニックに通って引き続きPT太田先生に色々アドバイス&フォローいただいた。太田先生にはクリニックでインソールの再調整、再々調整もしていただき、歩行のための環境もお蔭様で常に最新の状態に整えることが出来た。

 


2020年
年初から例年の季節労働に通いながらも、晩秋に今村先生から教わった股関節や疲れにくい身体のための各種ワーク古典ヨガを、通勤前や昼休み帰宅時、帰宅後などに地道に毎日続ける。通勤は800mほどの至近距離だが、自転車をやめて徒歩通勤に変える。すると、あーら不思議。コロナ禍&事務仕事な毎日でも不思議と身体強度が増して行くのを日々密かに実感(^^; 身体って凄い!5月以降はZoom経由で古典ヨガワークショップに参加させていただける機会が増え、一般人やヨガインストラクターの方々と同じメニューにも意外とついて行けるようになっていることに我ながら驚く。と、同時に新しい課題もピンポイントで浮き彫りになって来て、今村先生からはさらなるメニューをご提示いただき、またまた練習を続ける日々。

 

 

タイトルとURLをコピーしました