変形性股関節症 理学療法的インソール経過報告1

今日は勤務がお休みだったので、気持ち的にゆっくり庭アーシングが出来て優雅な朝でしたが、そんな中でふと気づいたこと。

あら、もしかして

股関節の状態が前より良くなっている?(^^;

 

何故そう思ったかというと、それは庭アーシングヨガに先駆けて毎朝行っている庭アーシングリハビリの前半の準備、股関節ファシリテーションワーク時のこと。

 

それはパピーポジションから股関節を細かく動かすことで関節包の滑液循環を促すという恩師PT直伝の準備ワークなのですが、そういえばここ数日、このワークによって股関節の状態を「整える」のに必要な時間が明らかに短くなっていることに気づいたのです!

 

思い当たるのはここ2週間、毎日ずっと新処方のインソールの靴以外履いていないという事実。

 

9月末から10月初めにかけて、PT先生に評価・作成いただいた新処方のインソールは、靴ごとにひとつひとつ手作りなため、完成後、まずはクリニックで装着し、歩様をみながら一次修正いただいた後、あとは日常生活で履いて歩く中で、さらなる修正を何度か重ねるという作成プロセスを辿るのですが、今はまさにそのさなか。(おまけに作成をお願いした靴の数が多い(^◇^;))

 

クリニック内や職場程度の歩数では超快適な履き心地でも、市街地を2時間買い物で歩き回ると痛みが出たり…となかなか一筋縄ではいかない現状なのですが、今までと違う筋肉を使うことで痛みが出ても、それは股関節の炎症に繋がるような致命的な痛みとは質が違うという感覚が自分の身体の声として何となくあったので、今朝の気づきはそれを裏付ける結果です。

 

というような状況の中、今日はPT先生に先週土曜日に何度目かの修正をしていただいた新・勝負靴《黒》を履いて、行って来ましたよ、隣町の神社まで徒歩で!…まあ今月の目標を「庭アーシングと勤務の両立」と「新処方のインソール靴を履いて歩く!」という2点に先日決めたばかりですから(;’∀’)/

 

歩数は・・・

往復で7882歩でした。

 

神社に着いて参拝し、さらに中を歩き回り、終わって帰る頃にはかなり疲れていたのでお茶したいわぁ~♪と思ってカフェを探しましたが、神社のまわりにある飲食店はなんとラーメン屋2軒だけ(◎_◎;)……でも仕方ないので入りましたよ、そのうちの一軒に(;^ω^)。幹線道路沿いなせいか私以外はライダーの方々ばかり、おまけに椅子は高すぎる丸椅子で促通ワークの類は一切出来ませんでしたが、醤油ラーメンの塩分が帰路のエネルギーになりました。7882歩はこのラーメン屋での休憩時間を含めてもトータル2時間以内での歩数ですから、多分同年代の健常者の方々がさらなる健康増進のためにするウォーキングレベルのペースかなと思います。

 

で、新・勝負靴《黒》を履いての状況をレポートしますと

往路》かなり早足でスタスタ行きましたが、途中から左前腿の中央より外側寄りの付け根に近い部分と右の腓腹筋がペアで痛み始めました。珍しいペアです。途中からは左の痛みは治まって来ましたが、右膝の外側あたりの痛みや右脚全体の引っ掛かり感などが出て来ました。でも強い痛みというわけではなく、引っかかって跛行しながらもスタスタ歩ける感じ。綺麗に歩きたい気持ちはありますが、変股症末期だもん、跛行はある適度は仕方ないよねとか考えながら歩いてました。今の年齢になると、もはや概してあらゆることが、見かけよりは内実ですよね、などとも考えつつ(^^ゞ

 

目的地》神社なので清々しい気分になり、痛みは跛行のことは一切忘れて過ごしました。今考えると、そう出来たのは有難いことです!(^-^)

 

復路》疲労がかさむにしたがって、左脚は大丈夫になり、その分右脚に痛みや疲れが出て来ました。いつもの右外側がメインだったように思いますが、どこか1か所というより次々移動する感じの痛みです。あ、右梨状筋に疲労痛が出てきてこれは復路じゅう続いたかも(なのにほぐしグッズを持っていなくて(・_・;)。ラーメン屋さんで塩分補給は出来たものの、椅子が高すぎたのとライダーたちの視線もまぶしくてリカバリーのためのワークは一切出来ず(;^ω^)仕方ないから途中、椅子でもないような椅子に座って、梨状筋促通ワークやハムストリング促通ワーク、内側広筋促通ワークなどをやりました。あ、大腰筋ワークとの合体バージョンも。そしてやっぱり、そういうワークを入れると、その直後は確実にリカバリーするし、歩様も改善されます。だいぶ家に近づいた頃、また右腓腹筋が痛くなってきて、いつもあまり傷まない場所なのに珍しいなと思いつつ帰宅。ちなみにその後もアイロンがけと洗濯物干しと夕飯の支度を一気にやってずっと立ちっぱなし。主婦って激務だわ。あ、7882歩は神社往復分だけですから、今日は(午前中も大物洗いなどの家事しまくりで)確実に一万歩を大きく超えてると思います。

 

で、帰宅後の家事の時、痛かったのは両足の付け根の前側(なんの筋肉だろう??)

 

つまり痛みは色々移動している感じでの推移ですので、インソールのどこを直すって問題ではないような気もします。

 

今日の試みが明日以降の股関節の状態にどういう影響を及ぼすかちょっとまだわかりませんが、今日やったのは多分健常者がやるところの健康的に前向きな《ウォーキング》。久しぶりにそんなものの存在を思い出し、気持ち良かったですし全身の健康増進には絶対に良さそうだから、これを機会に続けたいな♪と思うぐらいでしたが、やっぱり股関節の経年劣化という見地からはマイナス要因なんでしょうね(;’∀’)

 

とりあえず明日以降の経過をみつつ、明日の勤務にはまた別の新処方靴を試し履きトライするつもりですが、今日の前半の記述のインソール経過仮説が正しければ、今の痛みは特に念入りケアなどしなくても、明日以降にダメージを残すようなものではない…はず?…というのが今の自分的な一応の見込みです(^^;

タイトルとURLをコピーしました