変形性股関節症 理学療法的インソール経過報告2

庭アーシングは特に早朝だとそろそろ様々な防寒的衣類も駆使しつつ(^^;出勤前になんとか1時間続けております。

 

さらに今週からは、新処方でインソールを作っていただいた靴数足の試し履き及び、旧処方で作っていただいたインソールの修正版を入れた靴数足の試し履きを、PT先生がクリニックにおられるあと数日で出来る限りやりたいと思う余り、職場への往復も自転車をやめて徒歩通勤に。そのために今日から庭アーシング終了を告げるアラームのセット時刻を10分切り上げたので、出来ればスタートも10分早くしたい!と、朝も夜も必死で家事をやっていますが、どんなにバタバタしていても裸足で芝生の上に寝転んだ途端、気持ちはゆったりモードにリセットされるのが外アーシングのすごいところです!

さて

 

昨日はウォーキング7882歩(2時間)の後も家事に追われ、その後ブログもUPしたので、特に身体ケアする時間も取れず、かろうじて寝る時だけはアーシングシーツとアーシングバンド(自作)のお世話になったという程度でしたが、予想通り今朝の庭アーシングでも股関節ファシリテーション時のスムーズな感触は変わりませんでした。ヨガの仕上げのワニのポーズの時、梨状筋にひっかかりを感じたので、今朝はそこだけは2回繰り返して《ほぐし+促通ワーク》のセットをしたぐらいです。(そしてその後またワニをやってみることで、状態の改善が自分で確認出来るのが、このワニをめぐる一連のワークの良いところだと自負♫)

 

そして今日のインソール靴トライアルは、踵高めの黒(冠婚葬祭用)、職場に履いて行きました。

 

これは売り場でも、私の足だと「横幅が狭いと思いますよ~」と言われていたモデルでしたが、その分歩行時も浮いたりすることはなく、ぴったり感は他のどの靴よりも上な感触。歩行時右足が引っかかる感じもなく、とてもスムーズです。

 

足底の中央付近にポコッという感触があるのは旧モデル白と同じなのですが、こちらのポコッは旧モデル白と比べて気になるものではなく、むしろ心地良い刺激、気持ちの良い場所、という感じ。(ひょっとして場所が旧処方と同じなら、あるいは高さのせい?(^^; ちなみに旧処方の白インソールも今回修正を入れて頂いた結果、ポコッはもう気にならないレベルになっていたことを帰宅後あらためて履いて確認しました(^-^)。)

 

今日は一日これを履いて過ごして、出勤から帰宅までの歩数が5470歩でしたが、歩行していて特に痛い場所もなく、全体的にかなりの好印象でした。ただ、午後になって足が少しむくむのかサイズアップして来ると、最終的にはサイズ的にちょっとだけキツイので帰路の徒歩では踵に軽く靴擦れ風の痛みが(^^;。これはインソールは関係なく、単に靴の大きさと私の足のサイズの問題だと思われますが。

 

さらに帰宅後、靴を脱ぐと、炎症系の嫌な痛みではないものの、脚に軽い筋肉痛を感じる場所は膝の外側(上も下も)と長腓骨筋の後ろの方(腓腹筋との境ぐらいのところ)。これ、まさか昨日のウォーキングの遅発性筋肉痛じゃないですよね?(わかりません(^^ゞ)でも不思議と冠婚葬祭用靴に関しては、歩行時に特に痛い場所はありませんでした。

 

そんなわけで、この靴に関しては、現状維持で良いかなと思いつつ、一応上記のような、歩行時ではなく靴を脱いだ後の軽い筋肉痛をPT先生がどう捉えるか?…わかりませんので、念のため冠婚葬祭用靴も明日持参しますね。

 

で、明日ですが、夕方まで勤務し、それからリハビリに伺うつもりです。

 

明日も往復は歩くとして、さてどの靴を履くか?を迷っていますが、新処方の新・勝負靴《黒》か、旧処方の勝負靴《黒》(先日修正いただいた分)のどちらかを考えています。新・勝負靴《茶》《黒》と基本的に同じ木型であるものの、勝負靴《黒》を先週修正していただいた時に《茶》の方は持参していなかったために、確か修正が《黒》と比較して一行程遅れていたはずではなかったでしょうか(^^ゞ。なので《茶》については、明日持参するのでその場で現状の《黒》と同じところまで修正を入れていただいた上で、今秋は水曜日にお仕事がお休みなので、その日は《茶》を履いて街歩きチェックしようかと思っています。

 

とりあえず、冠婚葬祭系の靴はどっちみちそれほどの長距離歩行に使用しないと思いますので、長距離歩行対応の勝負靴系の方をよりしっかりと修正したい気持ちがあります。

 

というわけで、またまた、作成中の理学療法的インソール、歩行チェックの途中経過報告でした。

タイトルとURLをコピーしました