変形性股関節症 理学療法的インソール経過報告4

昨日の公園&‎街歩き8583歩(3時間)からの帰宅後は、右脚外側と膝下(前も後ろも横も)梨状筋を中心にに久しぶりに痛み指数が3まで行ったのでどうなることかと心配しましたが、帰宅後グッズを使ったセルフケアの後アーシングパッチを8個つけ、夜も久しぶりにパッチ8個体制で寝たところ、朝には痛みは治まっていました。

 

最近アーシングパッチをつける必要を感じないほど良い状態で推移していた股関節だったので、特に痛みがない時は、寝る時も自作のアーシングバンド(記事はこちら)を梨状筋につける程度でしたが、昨日みたいに痛みが強い時には、患部にピンポイントで貼れるアーシングパッチの抗炎症効果は抜群だと改めて感じました。で、実は今も、8個装着体制でこれを書いてます(^^;(アーシングパッチって何?って方はこちらを)

 

 

さて、今日は先日PT先生に改めて修正していただいた新・勝負靴《黒》を履いて徒歩で職場に行きました。昼休みも帰宅するので2往復する感じになって、職場でのほんの少しの歩きと合わせて合計5011歩。

 

今朝の段階で痛みは取れていて、1時間の庭アーシングリハビリ+ヨガも行い、〆のワニのポーズもほんの少しの梨状筋ひっかかりがあっただけで、ちゃんと捻ることも出来た。職場へは徒歩7-8分というところなのですが、いつもギリギリのスタートになるため(;^_^A結構毎回必死で歩く必要は、ある!(^^;

 

それにしても

 

行きは歩き出して割とすぐに、右ふくらはぎ右前の下部分が痛くなり、それが到着まで継続。
帰りは、歩き始めは行きと同じような場所に痛みがあったのが、途中から「ハムストリングス&腹斜筋♪」を脳内合言葉にしてみると…それで歩行の重心が変わるのか、痛みの部位がまず長腓骨筋に移動、そしてその後、痛みはほどなく腓腹筋に移動。(これらの痛みは、いつもの股関節痛と同列ではない気がして痛み指数で表しにくいですが、でも敢えてレベルを表現すれば、往路で0.8、復路が1.6って感じでしょうか)

 

このところ度重なるインソール修正&1回の歩数が多い試し履きの固め打ちで、色々な筋肉が疲れているのは仕方ないにしても、《黒》での歩行で膝下を移動するこの痛みにつき、微修正もし出来るのなら、していただけるとありがたい気がしてきました。(跛行については回避されていると思います) それから、職場に居る時や徒歩通勤時には特に感じなかったのですが、帰宅してみるとやはり梨状筋の凝りと痛みが半端ない!これは修正出来るものなのかわかりませんし、今日の《黒》だけのせいでないことも明白ですが(^_^;)… 一応ご報告です。

 

 

それでは明日また伺いますね!(^-^)
回復具合によってですが、週末の旅行にメインで履く予定の修正版のスニーカーを、明日リハビリ前に試し履き出来たらと一応思っていますが…

 

なんかやること満載過ぎて…間に合うかな(;^_^A まあまだ最終日もありますので!(;^ω^)(最終日はまとめ、と伺いましたがどんな感じになりますか)

 

とりあえず、寝るのも大事なので、今日はこの辺で寝まーす。
では明日またよろしくお願いしますm(__)m

タイトルとURLをコピーしました