ごめんねアーシングマット

室内では相変わらずのアーシング人生を謳歌している変形性股関節症の私。

最近アーシングの抗炎症効果についての論文を和訳してサイトに載せても良いという許可が論文の版元から下り、ここ数日間その和訳をやってた関係もあって「アーシング=抗炎症」が今まで以上に脳内でガッツリ不動のものになりつつあります^^;

アーシング=抗炎症については、今後いろんな形でこのサイトでもご紹介して行けたらなぁと思ってます。

 

さて、今もお正月用の黒豆を煮つつのリビングで、アーシングマット&アーシングパッチ(4個)の組み合わせでパソコンに向かう私なのですが、1ヵ月前にこのサイトを作り始めた頃、アーシングパッチの相棒として、アーシングマットとシーツ、どっちがお勧め?の争いで、マットはこの時期足が冷たくなるからという理由でシーツの方に一票を入れてしまったのですが、その後、マットで足が冷たくならない方法を考え、今はふくらはぎにウールのふくらはぎカバーをつける(履く?)ことで意外と簡単に解消できることが判明(*’▽’)

 

アーシングソックスを2枚重ね、という方法も頭に浮かんだのですが、足指知覚に問題ありな私には、なるべく足は身軽にしておいた方が良い⇒だったら・・・ふくらはぎはどう?という解決になりました。

って、ごめん、もっと早く気付くんだったな(^^ゞ

 

そんなわけでアーシングマットにはいつも(毎日)お世話になっているのになんか罪のない人の悪口言う感じになってホントに申し訳ないことをしました<(_ _)>

 

今日は反省をこめて、訂正します。

 

アーシングパッチの相棒は、

昼間はアーシングマット(と、ウールのふくらはぎカバー)

夜はアーシングシーツです(^^)/

 

ちなみにアーシングパッチは、アーシンググッズ界の発明王?アーシングメンター氏の手により、この度いよいよ楽々四分岐出来るコードが完成し、今もつけてますが使い心地は抜群です(^^)v アーシングパッチを四分岐でつなぐコードというものの素晴らしさ、それを制作して下さる方の叡智についても、多分来年書きます。(ちなみにこのコードはまだ商品化されてませんが、リクエストがあれば多分商品化されると思うな〜←勝手な予想^^;)

 

アーシンググッズ市場は、まだまだこれからの成長が楽しみな分野。あったら良いなー🎵を今とりあえず声にしてみることにもきっと、意味はあるんじゃないかなと思うんです。