古典ヨガの威力 甲状腺数値が正常値に

変形性股関節症末期、庭アーシングとリハビリと古典ヨガと今村先生の各種ワークメニューにより温存のまま肉体改造中です。(具体的計画についてはこちらを)

 

早いもので11月も半ばを過ぎ、1年を総括する時期になって来ました。 “古典ヨガの威力 甲状腺数値が正常値に” の続きを読む

ヨガメニュー@May2019

庭アーシングもいよいよベストシーズンに突入したため、出勤前だけでなく帰宅後の身体メンテナンスも庭ヨガになって来た今日この頃…。ええ、最高ですよ、特に蚊がいない時ね(;´・ω・)

 

お蔭様で特筆すべき股関節関連痛はなくなった昨今(太田先生ありがとうございましたm(__)m)もともとの変股症リハビリ&ヨガメニューに加え、マスターのWSで紹介された各種アサナを再び日々のヨガ練習に取り入れ始めています。 “ヨガメニュー@May2019” の続きを読む

肩立ちのポーズは甲状腺に効果抜群でした!

アーシングリハビリヨガの三本柱で、温存の道を模索する変形性股関節症末期の私。

 

2年間断続的に続いた整形外科クリニックでのリハビリを、担当PT太田先生のご退職と共に一旦区切りをつけた後、今年に入って受けた今村先生の古典ヨガセミナーをきっかけに、三本柱の中ではヨガの比重が増しつつある今日この頃なのですが…

 

実は今、ヨガを頑張りたい理由は変股症の他にもうひとつあったのです。それは

甲状腺機能不全対策

“肩立ちのポーズは甲状腺に効果抜群でした!” の続きを読む

変形性股関節症×古典ヨガ経過観察①

先週末までは休日限定の庭アーシングが何とか出来ておりましたが、3月に入るとさすがに花粉の飛散量が限界を超え、本日は庭アーシングの代わりに粉末レンコン作りやってます。レンコンをカラカラになるまで干して粉末にしたのを毎日飲むと花粉症に効くんだと聞いたため(^^;

“変形性股関節症×古典ヨガ経過観察①” の続きを読む

ペキペキは詰まり解消の合図音?

基本的に季節労働者なのでここ数年毎年そうなのですが、お仕事忙しいなぁと思いながら過ごしていると気づけば春になっているという構図(^^;。今年もいつの間にか季節が変わっていたのか、久しぶりのお休みの本日、「今日は北風が強く寒いです」という天気予報を真に受けて一応朝10時まで待って庭アーシングに出てみたものの、昼12時過ぎには強い日差しと暑さで「あの〜、まだヨガメニューがいくつか残ってますけれど、暑いのでそろそろ室内に入りたいのですが…」という真摯な身体の声が(;^_^A “ペキペキは詰まり解消の合図音?” の続きを読む

魚のポーズ(マツヤアサナ)

恩師PTの恩師である今村先生のセミナー参加によって日々のヨガメニューを調整始めてから早2週間。

まずは先週日曜にご機嫌なものが届きました♪ “魚のポーズ(マツヤアサナ)” の続きを読む

ニュートラルであるために

☆ 昨日のPT先生とのリハビリセッションで「(座位で行う)ハムストリング促通ワークの前に、梨状筋の促通ワークをやった方がベターな理由は?」という質問をさせていただいたところ、先生からいただいた答えは

 

梨状筋が硬いと骨盤の前後傾の位置関係が変わって来る。ハムストリングの起始部は座骨結節についているため、そうなるとその位置関係も影響を受ける。それらの位置関係をなるべく修正し、あるべき姿に整えてからハムストリング促通を入れる方が入り易いため

 

とのことで、その説明には勿論深く納得したのだけれど、 “ニュートラルであるために” の続きを読む

アーシンググッズが抗炎症効果を発揮するために

股関節専門外来で変形性股関節症末期との診断、人工股関節置換手術を勧められて早数年の私。その後ヨガやアーシングや理学療法等の叡智と出会い、お陰様で保存療法継続中です。

さて

 

連日のお仕事生活から急に専業主婦に戻ってみると、家がものすごく汚くなっていてびっくりすることってよくありますよね?(え、私だけ?(;’∀’)) “アーシンググッズが抗炎症効果を発揮するために” の続きを読む

アーシング抗炎症効果についての論文(5)医療用赤外線画像

毎年この時期限定で、同じ仕事をここ数年やらせていただいている私ですが、直近3年の比較で言えば股関節を含めた身体状況は今年が一番良いかも知れません。 “アーシング抗炎症効果についての論文(5)医療用赤外線画像” の続きを読む