冬でもアーシングマットを暖かく使う方法

先日、室内アーシンググッズを使い使い始めたばかりの脚友さんpo-chanさんとグッズの使用感について話していた時

 

「アーシングマットって、アーシングソックス履いていても足が冷たくなるよね~?」とのご感想が(^^;

 

おお、やっぱそう思う?

 

そう感じるのは冷え性な私だけかと思ったら、私だけじゃなかったのね~~~

共感出来たことに一瞬嬉しくなるが、喜んでばかりもいられない。

やっぱそうだよね。

 

うちは床暖ないんだけど、先日床暖のある友達の家で一日過ごした時、足ってこんなに暖かくなるんだ~って心底感激したばかり。足裏知覚を鋭敏にしたい気持ちもあって、リビングではアーシングマットアーシングソックス一枚だけで、今冬は頑張って来ていたのだけれど、冷たい足を我慢するのはもしかして身体に悪い???

 

と思い始めていた時、たまたま見ていたフジテレビ「ノンストップ」で寒さ対策として段ボールを使った湯たんぽ脚カバーが紹介されていた。これだ!と閃き、アーシングマット用の段ボール湯たんぽカバー、さっそく作ってみましたよ~~♪

 

まずはリサイクル寸前だった段ボールを組み立てなおす。アーシングマット用湯たんぽカバーには、底がない方がベターなのよね。

 

「ノンストップ」では段ボールを緩衝材プチプチビニールで包むことで保温する感じだったけれど、私はビニールの代わりに、使い古しのランチョンマットを保温のために使うことにした。

 

両面テープで段ボールにランチョンマットを張り付けて行きます。

 

 

途中で両面テープがなくなり、あとはガムテープを使用。隠れてしまう部分は大胆に。見せたくない部分は小さく切ったガムテープを折りたたんで即席両面テープにしました。(ずべて両面テープでやった方が仕上がりが綺麗なはずだけど、まあ寒さの中わざわざ買いに行くほどではない(;’∀’))

 

中に湯たんぽを入れ、手前から足を入れますが、入り口にもランチョンマット(ノンストップではプチプチビニール)を垂らして空気の出入りを出来るだけ抑えることがポイントなようです。

 

なかなかいい感じ。

 

使用感もなかなか良いです。湯たんぽの下に足を入れれば良いのよね。湯たんぽも冷めにくく、これを使えば冬でもぬくぬくとマットでアーシング出来るようになりました。

 

po−chanさんもハクキンカイロで是非試してみてね(^^)/