【2】アーシングって何?

普段あまり意識することはないかも知れませんが、宇宙も、地球も、そしてその中で生きる我々の身体も、すべては電気的な存在です。

 

我々人類の身体は、その発生から現在に至るまで、地球との接触によって得られる可動電子を利用することで健康が保てるように進化して来ました。

 

絶縁体ウレタン素材の靴底出現によって地球と身体との分離現象が決定的になって以来まだ100年も経っておらず、我々の身体は地球との絶縁状態に適合出来ていません。

 

我々の身体を本来あるべき健康な状態に保つためには、地球と接触し可動電子を得ること(=アーシング)が必要なのです。

 

そもそも私がアーシングと出会ったのは、脚友・po-chanさんがブログでご紹介下さったDown to Earthという動画でした。アーシング入門としては、これが一番わかりやすくまとまっていると思います。

ただし所要時間15分ですので、お時間のない方は字幕の文字起こしをご覧ください。

 

 

もう少し詳しく知りたい方には、現在私自身が変形性股関節症患者としてアーシングから一番恩恵を受けていると感じている抗炎症効果についての論文や、アーシング関連サイト、関連書籍について、こちらでご紹介しておりますので是非ご覧ください。

 

抗炎症効果についての論文はブログでも少しずつ区切ってご紹介中です↓

アーシングの抗炎症効果についての論文(序)

アーシング抗炎症効果についての論文(1)要旨

アーシング抗炎症効果についての論文(2)前書き

アーシング抗炎症効果についての論文(3)難治性創傷の改善画像

アーシング抗炎症効果についての論文(4)ツール・ド・フランスでの創傷治療

アーシング抗炎症効果についての論文(5)医療用赤外線画像

アーシング抗炎症効果についての論文 (6)睡眠におよぼす影響

アーシング抗炎症効果についての論文(7)疼痛および免疫反応への影響

アーシング抗炎症効果についての論文(8)炎症バリケード

アーシング抗炎症効果についての論文(9)炎症バリケードは半導電性?

アーシング抗炎症効果についての論文(10)生体マトリックス

 

あと、書評コラムですが、アーシングの抗炎症効果のメカニズムについて、分かり易く紹介されているサイトを見つけたのでこちらもどうぞ↓

炎症反応を抑えるために、アーシングを取り入れよう!

 

私自身のアーシングHISTORYと、これからアーシングを始めたいという方への具体的アドバイスはこちらから。→【3】アーシングと私、そして、あなたへ