古典ヨガ的・満月の日の過ごし方

6月にZoom参加させていた古典ヨガのワークショップは「浄化」がテーマでした。

 

ヨガで浄化と言うからには、イメージ的にはかなり特別なことをするのではないかと、実はある程度覚悟して臨んだのですが、蓋を開けてみればその日教えていただいた内容は、そもそもがクリアな存在として生まれて来ている我々が本来の生命力をきちんと働かせられるよう心身を整えて行くために必要な具体的な考え方や方法で、より健康的な毎日の為にその日から取り入れらるものばかりでした(^^)

心身の浄化を促すという、その日のフローメニューは

 

こんな動きや

 

こんな動きの組み合わせ。

 

 

動きにはグルグル率が高い・・・

 

変形性股関節症末期の私には出来ない動きもあったため、通常より短縮メニューにはなりましたが、6月上旬のワークショップ以来、指示通り朝2回、夕方1回、ほぼ欠かすことなく毎日続けて来ました。

 

そして、やればやるほど確実に進歩が実感できるヨガマジックは当然ここにも♪   ひとつひとつの動きはハードな内容ではないのですが、毎回のデトックス効果は勿論のこと、それ以外にも日々着々と体幹が強くなっていることがメニューの中で実感出来ています。3ヶ月後が楽しみ♪

 

で!

 

昨日は満月。

 

満月と新月の時だけはこのフローを21回やりなさい、とマスターの指示があったため

 

この日初めて、やってみましたよ、21回!

 

梅雨明け直後の晴れた朝、庭での21回は結構きつかったですが、途中から日除けパラソルの助けも借りて何とか18回を朝ヨガ時に済ませ、残り3回は夕方にやりました。

 

 

↑ええとコレ何やってるか謎にしか見えないかもですが、本人かなり真剣にゴロゴロしています。勿論これもメニューの一部(^◇^;)

 

この日は同じフローを何回もやったので、途中所要時間測ってみたところ、私の場合1フローをこなすのに2分半かかっていました。

 

フローの後に毎回シャバアーサナを2分間入れたので、トータル5分弱/1フロー。そう、確かに18回でもトータルで1時間半ぐらいかかりました。夏の日差しの中で連続的にグルグルしていると、気分はまたまた高校時代の部活の基礎練。このデジャブ感、もしかして若返りに効いたりして?^^;そして、やっている時はキツくても終わった後の爽快感が半端ないこの感じもまた、数10年前の部活の夏と、嗚呼、同じなんだよなぁ〜♪

 

途中試しに脈拍も測ってみたのですが、毎回のフロー直後のシャバアーサナ時に84/分。平常時の脈拍が66/分だったので、このフローによる脈拍UP3割弱?・・・ヨガの師・今村先生のYouTube動画「正しいサウナの入り方」に、脳機能を高めるためのサウナの理想的な脈拍数は平常時の2倍が目安とあったので、3割増しでは「増し」のうちに入らないかな?(^^;)

 

でもいずれにせよこのフロー、マスターもおっしゃっていたように、認知症の予防にもきっと効果があるだろうな、と今回実感することが出来ました。重力を上手く使い、脳の血流をダイレクトに上げる工夫が随所にあるフローだからです。満月と新月には21回という指示は、月2回ぐらいは、ある程度の負荷でやることが必要ってことなのかな、と、実際21回こなしてみた身体と脳が何となく理解しました。次は新月の時ね!またやるわよ〜〜♪

 

そして夜はまたまた早寝の爆睡。

 

夏の朝、顔が真っ赤になるまで外で運動して汗をいっぱいかき、そのまま草の上で寝転んでシャバアーサナしてシャワー。で、夜は疲れ果てて爆睡。何これ、幸せな小学生時代?・・・これじゃ間違いなく心身浄化されたとしか思えない、納得の満月の日になりました^^

 

マスター、そしてプライベートセッションで分からないところをフォローいただいた今村先生、今回素晴らしいフローメニューのご紹介を改めてありがとうございましたm(__)m

タイトルとURLをコピーしました